概要

寄付先事業の選定 or 開発(具体的機能とメリット)

NPOとのマッチングから事業立案・実施、成果報告まで、全ての活動プロセスにおけるエージェントとしての役割を日本財団が担い、効果的・効率的な事業運営が可能です。

①コーディネート機能

事例1:日本財団は、企業に対して、関連する企業やNPOなど複数の機関との連携による共同事業の企画・実施をサポート。

企業が社会貢献に取り組む際、1社だけではリスクを抱えていたり、実現困難なケースも多くあります。 また企業1社だけでは限られたインパクトしか社会に与えることができませんが、複数の関連する企業やNPOが連携することによって、これまでにないインパクトを創出することが可能です。 当財団では、社会課題のテーマに応じて、複数の関連機関と連携しながら、共同で事業を企画・実施していくことのお手伝いをします。

②プランニング機能

事例2:日本財団は、企業に対して、既存事業への冠提供や共同での新規事業を立案。企業は寄付金計上が可能。

事業予算の出資割合に応じ、御社の名前を冠した提供事業として展開頂けます。 また、御社のニーズを踏まえ、全く新しい新規事業を立ち上げることも可能です。

③マネジメント機能

事例3:日本財団は、企業による事業の運営管理をサポート。企業は日本財団に成果を報告。

事業開始前に成果目標を共有、支援期間や達成目標等についての合意形成の後、事業を開始します。 提供事業の進捗管理・現地調査・成果報告・リスクフォローなどは日本財団が責任を持ち管理・遂行します。 事業実施後、成果レポートを提出致します。

プログラム基本フロー

本プログラムのサービスではPDCAを設定し、社会貢献だけにとどまらない事業の実施をトータルでサポートすることが可能です。

PDCAサイクル PLAN:新規事業企画支援(寄付付き商品開発、社会貢献事業開発、NPOとのマッチングサポート等)、課題および成果目標設定支援、リサーチと分析。 DO:事業導入支援、プロモーション支援、事業進捗管理。 CHECK:実施調査、効果測定、レポート作成支援。 ACTION:広報展開サポート、セミナー開催、人材育成支援。
-