熊本地震ボランティア活動資金

写真:熊本地震被災地の被害の様子

2016年4月14日以降に相次いで発生した、熊本県を震源とする一連の大地震への被災地域に対する支援のために立ち上げた「熊本地震ボランティア活動資金」につきまして、2016年12月31日にご寄付受付を終了いたしました。

これまでに3,735件、2億9,200万4,241円のご寄付をお預かりし、被災地におけるニーズに合わせ、緊急支援・復興支援のために速やかに大切に活用をしております。
これまでご支援いただいた皆さまのご厚意に心より感謝申し上げます。

熊本地震における支援状況につきましては、平成28年熊本地震への支援ページをご参照ください。
また、日本財団では2014年より、今後予想される首都直下型地震や南海トラフ巨大地震など大災害が発生した際の緊急支援に対応するため、「災害復興支援特別基金」を立ち上げました。
広く皆さまからのご寄付を募っておりますので、引き続きご協力をお願いします。

災害復興支援特別基金の詳細・ご寄付はこちら

「熊本地震ボランティア活動資金」募金の特徴

  • 現地で活動するNPOの活動費に全額活用。間接経費はいただきません。
  • NPOからの申請はメール、FAXなどで受け付け、被災者ニーズとの整合性、資金の必要性を審査。即断で支援を決定、活動費をすばやく届けます。
  • 募金により支援した団体の団体名、活動内容、具体的な資金使途、活動報告はすべて公式サイト上で公開します。
  • 現地には震災翌日から当財団の災害支援専門家チームを送り、被災者のニーズの把握をすすめており、NPO活動の必要性を判断します。

インフォグラフィックス「支援金」と「義援金」の違い

ご寄付に関するお問い合わせ

日本財団 ドネーション本部
電話番号:03-6229-5171