<熊本地震支援>企業向け報告会を開催復興フェーズに求められる企業の役割を考える

日時:2016年10月13日(木)15:00~17:00(開場 14:30) 場所:日本財団ビル1階 イベントスペース「バウルーム」(港区赤坂1-2-2)

日本財団は、10月13日(木)に熊本地震復興支援に関心を寄せている企業を対象として、熊本県の被災・復興状況や支援ニーズに関する報告会を開催します。

震災後半年が経過し、被災地では仮設住宅での生活が始まる一方で、風化が懸念されています。この報告会は、熊本の現状と今後の復旧復興プランを説明し、企業の災害復興支援活動について考えます。

「どうすれば支援活動ができるのかわからない」「本業を活かした支援を行いたいが被災地のニーズに合っているかわからない」といった企業側の疑問に応えるため、これまで復興支援を行ってきた企業の事例紹介や、参加者からの相談に対応します。

熊本地震に関する企業向け報告会(第2回)

「災害支援 企業に求められる役割とは? ~熊本地震 復興支援報告会~」

日時 2016年10月13日(木)15:00~17:00(開場 14:30)
場所 日本財団ビル1階 イベントスペース「バウルーム」(港区赤坂1-2-2)
内容
  1. 発災から半年の現状と今後の復旧復興プランについて(15分)
    被災地の現状及び熊本県としての今後の復旧復興プランを説明します。
    小牧 裕明(熊本県庁 地域振興課 課長)
  2. 被災地支援の事例紹介と今後の支援活動について(65分)
    企業に求められる支援について個別事例とパネルディスカッションを通して考えます。
    龍治 玲奈(日本マイクロソフト株式会社 政策渉外・法務本部 渉外・社会貢献課長)
    野田 哲也(キリン株式会社 CSV推進本部 絆づくり推進室長)
    青柳 光昌(日本財団 ソーシャルイノベーション本部 上席チームリーダー)
  3. 個別相談会(30分)
    日本財団が参加企業からの相談に対し個別に対応します。

関連リンク

お問い合わせ

日本財団 コミュニケーション部

担当
飯澤
電話
03-6229-5131
FAX
03-6229-5130
メールアドレス
pr@ps.nippon-foundation.or.jp

企業の災害復興支援活動についてのお問い合わせ

日本財団 ソーシャルイノベーション推進チーム

担当
石川、橋本
電話
03-6229-5477
メールアドレス
pr@ps.nippon-foundation.or.jp

Youtube Nippon Foundation TV

難病の子どもの支援や被災地における災害支援、国内外におけるハンセン病の制圧活動など、日本財団の活動を映像で紹介しています。

日本財団ブログ

「ソーシャルイノベーション探訪」をテーマに、日本財団やグループ団体、助成先団体の活動をお届けしています。

日本財団 Facebook ページ

日本財団の日々の活動をほぼ毎日お届けしています。

日本財団 Twitter

日本財団のTwitter公式アカウントです。イベントのお知らせやマスコミ掲載情報などを発信しています。

日本財団 メルマガ

助成金受付情報、ブログのご紹介、各種イベントのお知らせ等をお届けしています(毎週木曜配信)。