フィリピン残留日本人2世に就籍許可

写真
就籍の申し立てが認められた永田オリガリオ・マサオさん(2016年11月)

フィリピン残留日本人2世の永田オリガリオ・マサオさん(71)=ダバオ市在住=が日本国籍の取得に向け起こしていた就籍申し立てについて、熊本家庭裁判所(武野康代裁判官)は4日までに就籍を許可する審判を出しました。永田さんは2013年に東京家裁に就籍の申し立てをしたものの翌年末に却下され、2016年5月、在フィリピン日本大使館の一等書記官が同席して行われた聞き取り調査結果(陳述録取書)を新たな証拠に、父親の出身地と見られる熊本家裁に再度、就籍の申し立てをしていました。

詳しくは、日本財団ブログ「熊本家裁、一転して比残留2世の就籍認める」外部サイトをご覧ください。

Youtube Nippon Foundation TV

難病の子どもの支援や被災地における災害支援、国内外におけるハンセン病の制圧活動など、日本財団の活動を映像で紹介しています。

日本財団ブログ

「ソーシャルイノベーション探訪」をテーマに、日本財団やグループ団体、助成先団体の活動をお届けしています。

日本財団 Facebook ページ

日本財団の日々の活動をほぼ毎日お届けしています。

日本財団 Twitter

日本財団のTwitter公式アカウントです。イベントのお知らせやマスコミ掲載情報などを発信しています。

日本財団 メルマガ

助成金受付情報、ブログのご紹介、各種イベントのお知らせ等をお届けしています(毎週木曜配信)。