世界の海底地形図 2030年の完成目指す海洋管理に向けた新たな人材育成も 国連海洋会議で日本財団会長が表明

写真
Seabed2030プロジェクトを発表する笹川会長

地球最後のフロンティア

地球最後のフロンティア海をテーマにした初の国連海洋会議が6月6日、米ニューヨークの国連本部で始まり、日本財団の笹川陽平会長は世界の海底地形を100%解明した地形図を2030年までに完成させるほか、国連の海事・海洋法課(UNDOALOS)とともに海洋管理に関する新たな人材育成事業を立ち上げる計画を発表しました。

詳しくは、日本財団ブログ「世界の海底地形図 2030年の完成目指す」外部サイトをご覧ください。

Youtube Nippon Foundation TV

難病の子どもの支援や被災地における災害支援、国内外におけるハンセン病の制圧活動など、日本財団の活動を映像で紹介しています。

日本財団ブログ

「ソーシャルイノベーション探訪」をテーマに、日本財団やグループ団体、助成先団体の活動をお届けしています。

日本財団 Facebook ページ

日本財団の日々の活動をほぼ毎日お届けしています。

日本財団 Twitter

日本財団のTwitter公式アカウントです。イベントのお知らせやマスコミ掲載情報などを発信しています。

日本財団 メルマガ

助成金受付情報、ブログのご紹介、各種イベントのお知らせ等をお届けしています(毎週木曜配信)。