渚の交番プロジェクト

安心、安全、きれいで楽しい海を創る

写真 写真

「母なる海」と形容されるように多くの恩恵を私たちに与えてくれている海に、もっと慣れ親しんでもらいたいという思いから、日本財団は海辺で活動している団体へ支援を行ってきました。しかし、支援を通じて現場の声を聞き、実情を把握していくにつれて、海辺の活動の内容は専門性の高いものも多いために「地域住民や一般の方がなかなか活動に参加してくれない」、「同じような活動をしている人たちとの協力関係が築けない」「自分たちの専門分野を超えた新しい連携が生み出せない」といった事態が起こっていることが分かりました。

写真

これらの問題に対処すべく、日本財団は海辺の活動を「分野」という視点から「地域」という視点に切り替え検討してみることにしました。「分野の支援」ではなく、「地域」という分野横断型の視点で海辺の現状を検討することにより、同じ地域内で海辺に関わる活動を実施している団体間の協調、海にかかわる活動への地域住民のより深い連携の可能性、そして地域の海辺が抱える問題解決の糸口が見えてきました。

写真

この解決の糸口をより具現化すべく、日本財団では渚の交番プロジェクトを立ち上げました。渚の交番プロジェクトは、海辺の様々な活動、活動に係る人そして情報を横断するような拠点を整備するプロジェクトです。これにより、地域の海辺をフィールドに活動している団体だけに限らず、地域の様々な団体や活動を横断的に連携させ、点ではなく面で海辺の安全と安心を向上させ、誰でもアクセスできる楽しい海創りに取り組みます。

(「渚の交番」のコンセプト等については下記の添付資料をご参照ください。)

2010年6月26日、海開きを前に「渚の交番」プロジェクトの象徴となるべく、渚の交番の第1号を宮崎県宮崎市の青島海水浴場にオープンすることができました。

また、2012年4月25日〜26日にはその宮崎市青島ビーチセンター『渚の交番』にて「渚の交番フォーラム」を開催しました。フォーラムでは各地におけるプロジェクトの進捗状況、課題等を共有すると共に、ファシリテータ―講座やワークショップを通じて渚の交番の活用策などについても活発な意見交換が行われました。

今後も新たな渚の交番のオープンを目指し、地域社会における海と人のつながりを構築していきます。

プロジェクト準備地域(2016年6月時点)

三重県
志摩
島根県
浜田

「渚の交番」プロジェクト関連リンク

【お問い合わせ先】

ソーシャルイノベーション本部「渚の交番」担当
TEL:03-6229-5152
FAX:03-6229-5150
E-mail: cc@ps.nippon-foundation.or.jp

添付資料「渚の交番のつくり方」 (PDF/1MB)