すべてのミャンマーの人々とともに
人間の安全保障

ミャンマー人道支援の現場から


ミャンマー政府と少数民族武装勢力の紛争の影響を受けた人々に対する日本財団の人道支援がスタートして約1年。紛争から逃れて山岳地帯などに移り住むようになった人々の元に、米と医薬品と笑顔が届けられるようになった。

2013.11.21

国内避難民の生活向上のために

ミャンマーの国内避難民とは、約60年間続いている政府軍と複数の武装勢力グループの紛争を避けて、国境付近の山岳地帯などに逃げ込んだ少数民族の人々。国連難民高等弁務官事務所の調べでは、約87万人と推定され、自宅や農地を放棄して山中に隠れ住み、厳しい生活を強いられている人々もいる。

日本財団では2012年12月から、こうした人々に対する米と医薬品などの支援を実施している。約330万ドルの支援計画のうち、米は約47%、医薬品は約21%が、既に国内避難民の元に届けられた。少数民族の居住地域への交通網が遮断される5月からの雨季は活動が難航していたが、乾季に入った11月から本格的に再開。支援計画はこの1年間で着実に進められてきた。

ミャンマーの少数民族問題は政治的要素が複雑に絡み合っており、現在も緊張状態が続いている地域がある。人道支援の現場責任者である日本財団ミャンマー駐在事務所の梅村岳大は、「支給を始める前に政府側と武装勢力側が支援について合意することが絶対条件」という。

「緊張状態にある地域で、合意のないまま支給を急げば、新たな対立の原因になってしまうことも考えられます。これは、絶対に避けなければなりません。支援の対象者、対象地域、配分量については、ミャンマー政府の少数民族問題の窓口となっているミャンマー・ピース・センターと各武装勢力グループと協議した上で決定しています。また、支援の時期については、現地の情勢の安定と避難民地域の受け入れ準備を確認した上で、最終的に双方から合意を得た地域から順に支給を開始しています」

支援計画と進行状況(2013年10月31日現在)

品名 支援計画 支給額 進行状況
2,676,037ドル 1,245,302ドル 47%
医薬品 633,829ドル 134,423ドル 21%
合計 3,309,866ドル 1,379,725ドル 42%

主人公はミャンマーの人々

ミャンマーでの人道支援はタイ日教育開発財団の協力を得ながら実施している。支給する米や医薬品などは、ミャンマー国内からの支給については、日本財団ミャンマー駐在事務所がミャンマーで購入し直接地域住民に届くように手配している。地理的都合上、一部地域には、タイで物資を購入しタイ側から国境を越えるルートでも支給している。日本財団の米袋は1袋約50キロ入りと25キロ入りの2タイプが用意されている。地域によっては、トラックでは運べない山間部に入ってからはロバの背に乗せ換え、さらに最後は、人力で一袋ずつ運ばなければいけないこともある。

梅村がカレン州に米を届けた時の印象に残るエピソードを語る。
「この時は避難民の住む地域からかなり離れた場所での受け渡しとなり、みなさんには3時間も歩いて集まっていただきました。配布が始まると次々に米袋を手にして喜ぶ彼らの姿に、お米を心待ちにしていてくれたのだと実感しました。更に、お米のお礼にと沢山のバナナを持ってきてくれたのです。厳しい生活を強いられているにも関わらず彼らの優しさにも触れることができました。あの時のバナナの味は忘れられません」

州別の支援状況(2013年10月31日現在)

州/管区 番号 武装勢力グループ 米(㎏) 医薬品(セット)
支援計画 支給済 支援計画 支給済
シャン州 1 SSPP
/SSA
478,625 100,000 0 0
2 RCSS
/SSA
300,000 303,120 14 3
3 PNLO 98,915 69,990 19 3
4 LDU 47,089 8,190 46 9
5 PSLF
/TNLA
336,352 0 2 0
6 WNO 109,873 19,125 20 4
カヤー州 7 KNPP 344,656 300,000 121 25
カレン州モン州タニンザーリ管区 8 KNU 1,106,185 936,920 150 24
9 DKBA 120,000 120,000 0 0
10 KNLA PC 120,000 120,000 0 0
11 NMSP 338,915 252,810 33 17
12 KPDF (KNDF) 15,000 15,000 0 0
バゴー管区 13 KNLA Kon-phe 30,000 30,000 0 0
ラカイン州 14 ALP 103,898 27,000 18 3
15 ANC 239,407 75,225 0 0
チン州 16 CNF 209,312 120,000 0 0
ザガイン管区 17 NSCN-K 60,000 60,000 0 0
カチン州 18 KIO 2,116,109 0 0 0
合計     6,174,337 2,557,380 423 88

梅村は「この国が目指す平和は、ミャンマーの人々が作り上げるものです。我々の支援が避難民の方々の生活向上につながり、それがほんの少しでもミャンマーの国づくりに寄与できることを願っています」と語った。

今後、日本財団は中長的な視野のもとに、ミャンマー駐在事務所の体制を強化し、ますます人道支援を拡充していく予定である。