遺贈(遺言による寄付)


遺言による寄付のご案内


遺贈とは

遺言書により、あなたの遺産の一部または全部を、特定の人や団体に贈与することを言います。


遺贈による寄付金で、あなたの夢を実現します。

匿名希望Aさんの場合
匿名希望のAさんから1億5000万円のを日本財団にご遺贈頂きました。「世界の貧しい子ども達の為に使ってください。」というAさんの夢の実現のため最貧国のひとつであるミャンマーのなかで、親にも棄てられた障害児のための施設作りをすすめています。

君和田桂子さんのご遺族の場合
君和田スイさんの一人娘、桂子さんは、念願の看護師勤務の目前に不慮の交通事故で亡くなりました。
スイさんの死後、3000万円の遺産は、「看護師の活躍のために」と日本財団にご遺贈頂きました。
日本財団は「君和田桂子基金」を設置し、看護師が中心となり末期患者とご家族を支えるホームホスピスのために大切に活用させて頂いています。



生前寄付で老後の生活に彩りを

日本財団では生前のご寄付もありがたくお受けしております。
実際にベトナムに小学校を寄付した、剱持夫婦の例をご紹介します。

剱持昭司さん(83)・榮子さん(81)の場合
私たちは退職の記念に何か社会に役立つことをしたいと考えていました。
日本財団に相談したところ、魅力的なプロジェクトをいくつか紹介していただきました。その中で一番興味を持ったのが200万円で建てられるというベトナムの小学校。
建設が進むうちに、自分の目で学校を、子どもたちの顔を見てみたいという気持ちが強くなり、開校式に参加することを決めました。
開校式には村人総出で大歓迎してもらいました。子どもたちはボロをまとい裸足でしたが、その眼は光り輝き希望に満ち溢れていました。そして、どの笑顔も愛くるしいこと。
こんなに喜んでもらえるとは。とても幸せなひと時でした。
学校は建ちましたが、教科書や文具、楽器などは不足しており、今後は友人とも協力し、支援を継続していきたいと思っています。
自分の学校の子どもたちの成長を見守ることが、私たち夫婦の新しい生き甲斐です。


日本財団への「遺贈」の特徴

1.相続税がかかりません。
2.使い道はあなたが決めます。
「選べる、創れる、使い道。」からお選び下さい。
3.遺贈は100%全額が社会貢献のために使われます。

※画像をクリックすると、「選べる、創れる、使い道。」が大きく表示されます。

遺贈コンサルタント

遺贈のこと、社会貢献のこと、遺言書のことわからないことは、日本財団にご相談ください。相談は匿名でもOK。もちろん無料です。

長谷川 隆治
[得意分野]
  社会貢献
  国際支援
沢渡 一登
[得意分野]
  福祉分野

詳しくは、日本財団にお気軽にお問合せください。


他人事ではない遺言・遺贈



公正証書遺言とは

公証役場であなたがお話いただいた遺言の内容を公証人が正しい形式で作成するものです。
原本を公証役場で保存するため、紛失や改ざんの恐れがなく、スムーズに遺言執行ができます。

※画像をクリックすると、ながれが大きく表示されます。

公証役場の場所などは、日本財団がご紹介いたします。
お気軽にお電話下さい。

公正証書遺言作成にかかる費用

公正証書遺言を作成するための費用は、あなたのご遺産の額によって変わります。

1.相続人・受遺者は受ける金額ごとに、表の目的価額を加算します。
2.目的価額が1億円未満の場合、「遺言加算手数料」として11,000円を加算します。
3.公証人に出張してもらう場合には手数料の1.5倍が基本料金で、公証人の交通費(実費)と日当1万円
  (4時間以上は2万円)が加わります。
4.その他、正本・謄本コピー代や送付代等、諸経費がかかります。
例)妻に1,000万円、長男に500万円を相続、日本財団に300万円遺贈する場合。
  公証人手数料1.7万円(妻)+1.1万円(長男)
  +1.1万円(日本財団)+1.1万円(遺言加算手数料)
  =5万円+諸経費


公正証書遺言を作るのに必要なもの

1.あなたの印鑑証明(3ヶ月以内に発行されたもの)
2.あなたの実印
3.相続人および遺贈先の身分を証明するもの
4.不動産があるときは不動産の権利書または登記簿謄本、および固定資産税評価証明書
5.公証役場に同行してくれる証人の住民票

遺言作成にあたって

"遺言作成の際には公証人、専門家にご相談ください。
相談に行かれる際は、こちらのページ「選べる、創れる、使い道。」を印刷して、ご相談先にお見せ下さい。

遺贈Q&A

よくあるご質問はこちらをご覧下さい。

※画像をクリックすると、Q&Aが大きく表示されます。

資料をご希望の方は、以下からお申し込み下さい。

資料をご希望の方は、以下からお申し込み下さい。

ご不明な点がございましたら、以下までお電話下さい。
フリーダイヤル:0120-892-139

フリーダイヤルをご使用になれない方は、以下までお電話下さい。
電話:03-6229-5171