福祉車両申請の流れ

申請は2019年9月13日(金)17:00で終了いたしました。
申請を行った団体は、2019年11月末まで、下部のリンク先「インターネット申請はこちら」へ掲載されている、「インターネット申請ログイン画面へ」から申請内容をご確認いただけます。

申請方法

インターネット申請のみです。郵送での申請受付は行っておりません。

以前インターネット申請を行ったみなさまへ

事前にCANPANの団体情報を見直し、最新の情報に更新してください。また、連絡先の項目(住所・電話番号・FAX 番号・メール)の表示が「-」になっている場合は、その情報が未入力になっているか、非公開に設定されています。必ず公開に設定してください。なお、CANPANの団体情報はインターネット申請を行う前日に非公開になっていると、申請を行うことが出来ませんので、ご注意ください。

まず始めに下記のインターネット申請マニュアルを参照してください。

ステップ 1 【福祉車両配備募集要項、申請チェックシートを確認】

ステップ 2 【申請を希望する車両の見積書の入手】

(1)次の4車種より、ご希望の車種をお選びください。

希望する車両のリンクから車両の詳細画面を開くと、
専用の見積依頼書・車両詳細カタログがダウンロードできます。

1、【車いす対応車(軽自動車)】

  • 車種:スズキ/エブリイ
  • 仕様:ガソリン/2WD AT/定員:車いす1名+3名/後部スロープ式/4WDオプション可
  • 助成金額:1,380,000円

「車両メーカー連絡先」(見積・車両に関するお問い合わせ先)

  • 車両販売会社(部署名):スズキ(株) 東京直納
  • 電話:03-5635-7311
  • FAX:03-5606-2550
  • 担当:小池 潤

2、【車いす対応車(車いす4名)】

  • 車種:日産/キャラバン
  • 仕様:ガソリン/2WD AT/定員:車いす4名+5名他/後部リフト式/4WDオプション可
  • 助成金額:2,550,000円

「車両メーカー連絡先」(見積・車両に関するお問い合わせ先)

  • 車両販売会社(部署名):日産自動車販売(株)(東京法人第六グループ)
  • 電話:03-5418-8630
  • FAX:03-5418-8623
  • 担当:小倉おぐら

3、【送迎車(軽自動車)】

  • 車種:スズキ/アルト
  • 仕様:ガソリン/2WD CVT/定員:4名/4WDオプション可
  • 助成金額:840,000円

「車両メーカー連絡先」(見積・車両に関するお問い合わせ先)

  • 車両販売会社(部署名):スズキ(株) 東京直納
  • 電話:03-5635-7311
  • FAX:03-5606-2550
  • 担当:小池 潤

4、【送迎車(普通車)】

  • 車種:日産/セレナ
  • 仕様:ガソリン/2WD AT/定員:8名/4WDオプション可
  • 助成金額:1,560,000円

「車両メーカー連絡先」(見積・車両に関するお問い合わせ)

  • 車両販売会社(部署名):日産自動車販売(株)(東京法人第六グループ)
  • 電話:03-5418-8630
  • FAX:03-5418-8623
  • 担当:小倉おぐら

必ずカタログにて車両の大きさと利用ルートの道幅とをご確認ください。
希望する車種のリンク先から各車両の詳細を確認できます。
車両デザインは、当財団指定のものになります。車両デザインは変更になることもありますのでご了承ください。

  • カタログに記載されている内容は、2019年8月現在のもので、モデルチェンジ等により予告なく変更されることがありますのであらかじめご了承ください。(設定車種そのものの変更はありません)

(2)「見積書」を取り寄せてください。

車両カタログのリンク先に掲載されている各車両メーカーごとの「見積依頼書」を用いて、「車両メーカー連絡先」まで直接ご連絡いただき、必ず見積書をお取り寄せください。
自己負担額を確認するためには、見積書が必要です。

  • 全ての車両について4WDの設定が可能です。ただし設定に関する費用は自己負担になります。
  • 日本財団にて指定された装備以外に助成対象者の皆様が独自で装備(オプション)を追加することはできますが、追加注文にかかる費用は自己負担となります。
  • 車両の仕様・自己負担額・オプション等について
    ご不明な点がある場合、「日本財団福祉車両について」と前置きしたうえで上記「車両メーカー連絡先」までご連絡ください。(設定車両は通常の販売車両とは異なる日本財団仕様ですので、必ず上記「車両メーカー連絡先」までご連絡ください。)

ステップ 3 【CANPAN団体情報の新規登録/更新】

2019年9月12日(木)23:59まで(問い合わせは17:00まで)

CANPANに団体登録または情報を最新のものに更新してください。

《注意事項》

  1. 団体情報/情報更新を行ってからインターネット申請の手続きが可能になるのに1日かかります。
    締め切り当日の9月13日(金)に団体情報/情報更新を行ってもインターネット申請はできません。
  2. CANPANに登録する連絡先(住所、電話、FAX、メール等)の設定は「公開」としてください。
    表示が「-」になっている場合は公開設定にしてください。
    連絡先の項目(住所・電話番号・FAX 番号・メール)のCANPANの団体情報はインターネット申請を行う前日に非公開になっていると申請を行うことが出来ませんので、ご注意ください。
  3. CANPANに登録したユーザーのメールアドレスは、募集期間中に変更しないでください。
    変更があった場合、インターネット申請を行うのに確認等でお時間がかかる場合があります。

《はじめて登録される団体》

団体登録は必ず法人として行い、団体名称は法人名を入力してください。
施設名義での申請は受け付けません。
施設名での登録や、法人名に加えて施設名称が入っている場合、申請を正常に受け付けできない可能性があります。

《既に登録されている団体》

事前にCANPANの団体情報を見直し、最新の情報に更新してください。
施設名称で団体登録をしている場合は、団体名称や代表者等の内容を法人名義に変更してください。

ステップ 4 【申請の準備】インターネット申請前に行ってください

  1. 下記のボタンをクリック、ファイルを印刷して内容を確認する。

  2. 申請書に記入する内容を事前に準備する(ガイドブックより確認できます)

ステップ 5 【インターネット申請】

インターネット申請マニュアルに沿ってインターネット申請を行ってください。
受付完了したご申請については、10月頃に「申請受付通知」をメール等でお送りします。

募集期間:2019年9月2日(月)11:00~9月13日(金)17:00

  • 控えとして、インターネット申請画面をプリントアウトし、必ずお手元に保管してください。
  • 収集した個人情報は、助成金申請に関する業務および各種案内の通知に利用します。

インターネット申請の注意点

【申請内容の事前準備について】

インターネット申請画面にログイン後、60分間経過すると自動的にログアウトします。
短時間で入力を完了させるために、申請内容は事前に準備してください。
申請後の内容の訂正はできませんので、ご注意ください。
申請の入力項目については、以下をご確認ください。

【募集期間終了間際の混雑状況について】

インターネットの操作方法について、たくさんのお問い合わせの電話があります。特に募集期間終了間際は電話がつながりにくい状況になります。また、Webサイトも非常に混みあい、つながりにくい状況が発生する可能性があります。CANPANについては募集期間前に、インターネット申請については募集期間前半に作業を行うことを強くお勧めいたします。

インターネット申請の入力項目

インターネット申請では、事前にCANPANに登録した団体登録の他に、以下の項目の入力が必要です。
内容を事前にご準備ください。

  • 項目についている番号は、インターネット申請画面の項目No.です。

■追加団体情報

27 代表者略歴

代表者の略歴を時系列で記入してください。学歴は不要です。
(255文字以内、文字数制限を超える場合は、最近のものを優先して入力してください。)

28 所管官庁

法人格を指定した所管官庁を記入してください。一般社団法人、一般財団法人の場合は、入力不要です。

29 前年度決算総額 ※数字のみ記入

団体の支出総額を入力してください。法人の決算書の「支出」の合計額をご確認ください。

30 前年度事業費総額 ※数字のみ記入

決算総額のうち、事業費の総額を記入してください。決算書に記載されている事業費の総額です。決算総額=支出総額、事業費総額=(決算総額-管理費)です。法人によって項目名称が違う場合がありますので、詳しくは団体の経理担当に確認してください。

31 役職員数 ※数字のみ記入

常勤の役職員(役員、職員)数の合計を記入してください。
常勤については、法人内部の雇用契約に基づいてご判断ください。

  • 一般的に「常勤」とは、事業所で定められている常勤の所定労働時間勤務している職員をいいます。

32-36 役員

団体の役員について、役職、氏名、連絡可能な電話番号を入力してください。役員が5名以上いる場合は、役員名簿に記載されている上位5名の情報を入力してください。また、5名以下の場合は入力できない項目には「なし」と入力してください。

37 業務(活動)日数 ※数字のみ記入

月あたりの団体の活動日数を記入してください。年間を通じての平均日数です。

38 団体の備考

過去にCANPAN登録しており、その後、 団体名称や法人格の変更、団体の合併等があった場合は入力してください。(700文字以内)

■担当者情報

  • 申請内容の問い合わせができる方の情報を入力してください。申請内容の確認や連絡は基本的にここに入力された担当者・連絡先に対して行います。

39 勤務先名

申請団体の常勤スタッフの場合は、勤務している施設名を入力してください。
普段の連絡先が申請団体以外の職場の場合は、勤務先の企業や団体名を入力してください。

40 部署・役職

団体内の部署、役職や、勤務先の部署、役職を記入してください。

41 担当者氏名

審査時に連絡するため、申請内容がわかり、質問に答えられる方の氏名を入力してください。

45 郡市区町村

「区」の場合は、東京23区(例:港区)や、政令指定都市の行政区(例:名古屋市緑区)に係わらず「郡市区町村」に記入してください。

48-51 電話番号

電話番号は2ヶ所記入欄があります。電話がつながりやすい順に、なるべく2つ記入してください。
(申請に関する問い合わせなどを行いますので、平日9-17時に連絡がつく電話番号を記入してください)

52-53 FAX番号

申請内容の確認、追加質問等が発生した場合、電話だけではなく、FAX、メール等でも問い合わせを行います。
担当者が勤務する事業所など、対応可能なFAX番号を入力してください。

54 メールアドレス

自動的にCANPANにユーザー登録した際のメールアドレスが入力されます。必要があれば適宜修正してください。

■事業情報

55 目的

車両配備の理由及び必要性、車両配備しどのようなサービスを実施したいのかを350文字以内で入力してください。

56 目標

車両配備によって達成したい具体的な目標を700文字以内で入力してください。複数の施設・複数のサービスで車両を使用する場合はその旨を入力してください。
複数の施設・複数のサービスで車両を使用する場合はその旨を入力してください。

例:「定員に対する1日平均利用率を50%から80%に引き上げる」「利用者を1日平均5名から10名に増やす」

  • これ以降の質問では最も車両を使用する頻度が高い施設とサービスを一つだけを選択し、ご回答ください。

57 申請事業名

希望する福祉車両の種類(申請事業名)をお選びください。

58 申請車種

項目「57 申請事業名」で選んだものに基づいた選択肢のみが表示されますので、選択してください。
なお、選択した車種と取得した見積書の車種が同じになっているかご確認ください。

59 見積番号

見積書に記載された見積番号を入力してください。見積番号は記載されているものを略さずにすべて入力してください。半角英数字7文字を入力してください。

  • 見積書は必ず日本財団指定の見積依頼書で、指定の車両メーカーの窓口に依頼してください。地元ディーラー等で発行されたものは使用できません。

60 事業費総額 ※数字のみ記入

見積書に記載された御見積金額を入力してください。事業費総額がどれか分からない場合は「見積書に記載されている最も大きい金額」を入力してください。

  • インターネット申請後、10月頃に担当者情報に登録したメールアドレス宛に受付メールを送ります。その時の事業費総額は、記入した事業費総額からオプションにかかる費用等を除いた金額が明示されています。

61 見積書発行日

見積書の発行日を入力してください。カレンダーのアイコンを押すと日付が選択できます。
見積書は必ず2019年8月以降に日本財団指定の車両メーカーから取り寄せたものを使用してください。過去に発行されたものは使用できません。

62 使用施設住所

車両を使用する予定の施設住所を入力してください (都道府県から入力、郵便番号は不要)。
介護保険制度・障害者総合支援法の指定を受けているサービスで使用する場合は、地方自治体発行の指定通知書に記載された事業所の住所を入力してください。
複数の住所を入力しないでください。

63 使用施設名称

車両を使用する予定の施設名称を入力してください。介護保険制度・障害者総合支援法の指定を受けているサービスで使用する場合は、地方自治体発行の指定通知書に記載された事業所の名称を入力してください。
複数の施設名を入力しないでください。

64 他団体への申請の有無

2019年度、メーカー・車種に関わらず、本申請と同様の申請(使用予定施設が同じで、かつ同機能の福祉車両)を日本財団以外の助成団体に、「申請をしている」または「申請予定」の場合は「有」を選択してください。
別施設で使用する福祉車両や、同じ施設であっても使用目的が異なる福祉車両の申請の場合は「無」を選択してください(例えば、日本財団には車いす対応車を、他の助成団体にはヘルパー用の軽自動車を申請しているなど)。

65 助成団体名

項目「64 他団体への申請の有無」で「有」を選択した場合のみ、助成団体名を入力してください。

66 日本財団車両助成実績 ※数字のみ記入

法人として日本財団の福祉車両(就労支援車両含む)の助成を受けたことがある場合、最も直近の年度を西暦で入力してください(例:2015)。ない場合は「0」と入力してください。

67 一週間あたりの使用予定日数

申請した車両が配備された場合の一週間あたりの平均使用日数を選択してください。

68 施設として所有する福祉車両の台数 ※数字のみ記入

「63使用施設名称」で入力した施設名義で所有する車両のうち、「利用者の送迎に使う車両」の合計を入力してください。

  • リース・職員名義の車両は含みません。
  • 車両の種類に関しては、審査の過程で情報が必要になった場合のみ個別でお聞きしますので、申請の段階では車種に関わらず合計した台数を入力してください。

69 車両の使用目的

最も車両を使用する頻度が高いものを選択してください。

70 車両の導入理由

車両を申請する理由として最もふさわしいものを選択してください。車両の整備によって廃車・入れ替えが発生する場合は車種にかかわらず必ずDを選択してください。

A 送迎車両を増やしたい。
B 車いす対応車を所有していないため導入したい。
C 車いす対応車を増やしたい。
D 現在使用している車両を廃車して入れ替えたい。

71-73は項目「70 車両の導入理由」で「D」を選択した場合のみご回答下さい。】

71 代替(廃車)の理由

代替の理由として最もふさわしいものを選択してください。

72 代替予定の現有車種

該当する車種を選択してください。

73 廃車車両

廃車予定車両が過去に日本財団から助成を受けたものか否かを選択してください。
日本財団助成車両を廃車する場合、別途日本財団への連絡が必要です。
(この項目へのご回答はあくまでも審査の参考資料ですので、廃車の承諾とはなりません。)

74 現在の車両の使用状況

車両を使用する予定の施設における現在の車両の使用状況について最もふさわしいものを選択してください。

A 複数回に分けて送迎することで対応している。
B 職員の車両、他事業所の車両、リース車両等を使って対応している。
C 送迎希望者のうち一部の方に送迎を制限している。
D 送迎ができないために利用者自体の受入を制限している。
E 今は問題ないが、今後のために車両を確保しておきたい。
F 使用できているが老朽化している。

■活動状況 サービス

  • 複数のサービスで使用する場合、「63 使用施設名称」で選択した施設で行うサービスで最も車両の使用頻度が高いものについてのみお答えください。

75 サービス名(対象)

車両を使用する予定のサービスの対象を選択してください。
「障害者及び高齢者」など複数の項目にまたがる場合は現時点でより利用者の割合の大きい方を選択してください。「障害児」の場合、「児童福祉法」に基づくサービスは「児童」を、「障害者総合支援法」に基づくサービスは「障害者」を選択してください。
「移送サービス」とは福祉有償運送などの障害者・高齢者向けのタクシー事業です。施設の送迎サービスは含みません。

76 サービス名(分類)

申請車両を使用して行うサービスの分類を選択してください。

77 サービス名(詳細)

車両を使用して行うサービスを一つのみ選択してください。複数のサービスを選択することはできません。申請車両の使用頻度の最も高いサービスを選択してください。

78 その他の場合の事業内容

項目「77 サービス名(詳細)」で「その他」を選択した場合のみご回答ください。複数のサービスで使用する場合でも、使用頻度の高いサービス1つを入力してください。「その他」以外の項目を選択した場合は、入力を行わないでください。

79 事業所番号

項目「77 サービス名(詳細)」で選択したサービスの「指定通知書」に記載された「事業所番号」を入力してください。指定を受けていない事業の場合は、「なし」と入力してください。

80 指定年月日

項目「77 サービス名(詳細)」で選択したサービスが最初に指定された際に発行された「指定通知書」に記載された「指定年月日」を入力してください。「指定を受けていない」場合はサービスの開始年月日を入力してください。

81 登録利用者数 ※数字のみ記入

項目「77 サービス名(詳細)」で選択したサービスの登録利用者数を入力してください。申請車両に乗車する利用者数ではありません。登録制でない事業の場合は1ヶ月あたりの平均利用者数を入力してください。
申請車両の利用の「有無」にかかわらず、項目「77 サービス名(詳細)」で選択したサービス以外の登録利用者数は含みません。同サービスであっても、項目「63 使用施設名称」で入力した施設以外の登録利用者数は含みません。

82 車いすの利用者数 ※数字のみ記入

項目「77 サービス名(詳細)」で選択したサービスの利用者のうち、現在車いすを日常的に使用している利用者数を入力してください。車いす利用者がいない場合は「0」を入力してください。申請車両に乗車する利用者数ではありません。

83 1日当たりの平均利用者数 ※数字のみ記入

項目「77 サービス名(詳細)」で選択したサービスの一日あたりの平均利用者数を入力してください。申請車両に乗車する利用者数ではありません。日によって利用者数に大きな変動がある場合は2019年7月の平均を入力して下さい。

84 定員 ※数字のみ記入

項目「77 サービス名(詳細)」で選択したサービスに定員がある場合はその定員を、ない場合は「0」を入力してください。一日当たりの利用定員と登録定員の両方がある場合は「一日当たりの利用定員」を入力してください。申請車両に乗車する利用者の人数ではありません。

インターネット申請の内容確認方法

申請を行った団体は、2019年11月末まで、以下のリンク先へ掲載されている「インターネット申請ログイン画面へ」から申請内容をご確認いただけます。