1. 平成30年7月豪雨 弔慰金について 7月24日より申請の受付開始
  2. 平成30年7月豪雨の被災地への支援策について

ニュース


  1. 平成30年7月豪雨 弔慰金について

  2. 夏休み期間に全国約70カ所でイベント開催

  3. 安倍晋三首相に要望書を提出(平成30年7月豪雨災害)

  4. 日本財団ソーシャルイノベーションアワード2018 7月20日(金)まで応募受付を延長

  5. 第348回ランチタイムコンサート

  6. <SOCIAL INNOVATION WEEK SHIBUYA>特設サイトオープン&プレミアムチケット発売開始
子ども支援 イメージ
障害者支援 イメージ
災害復興支援 イメージ

支援活動

子どもの貧困対策

子どもの貧困対策

未来の日本を担う子どもたちの将来が生まれた家庭環境によって左右されることのないよう、子どもの貧困対策に積極的に取り組みます。

日本財団DIVERSITY IN THE ARTS

日本財団DIVERSITY IN THE ARTS

表現活動を行う障害がある人たちのアート作品を軸に、多彩な展覧会などの企画や、横断的な情報発信を通じて多様性の意義と価値を伝えるプロジェクトです。

災害復興支援特別基金

災害復興支援特別基金

今後、甚大な被害が懸念される首都直下型地震や南海トラフ巨大地震をはじめ、大規模災害が発生した際の緊急支援に対応するための特別基金を設立しました。

特別養子縁組の普及

特別養子縁組の普及

特別養子縁組の普及・啓発活動や調査研究を実施し、多くの子どもたちがあたたかい家庭で暮らせるようになることを目指します。

ハンセン病の制圧

ハンセン病の制圧

医療面での制圧活動とともに、社会的差別の問題を人権問題として重要視し、患者・回復者とその家族の尊厳の回復を目指す活動に取り組んでいます。

福祉車両の配備

福祉車両の配備

誰もが不自由なく地域で暮らせる社会の実現のために、高齢者や障害者など移動が困難な方の外出を手助けする日本財団の福祉車両。2014年度には累計3万5千台を突破しました。