「ダイバーシティ」に関する記事一覧

話題の文筆家・岸田奈美さんが描く、人と人の歩み寄りで生まれる優しい世界

ダイバーシティ
プロジェクト
障害者

取材:日本財団ジャーナル編集部 この記事のPOINT! 行動を起こす人だけでなく、受け取る側の意識が変わらないと社会は変えられない 「ありがとう・ごめんなさい・こんにちは」という素直な心が

「愛することは、つくること」。アートを通じて考える社会の多様性

2020その先へ
ダイバーシティ
プロジェクト
障害者

取材:日本財団ジャーナル編集部 この記事のPOINT! 2020年夏開催の展覧会「LOVE LOVE LOVE LOVE 展」。そのプレイベントは、アートや社会の多様性、愛と創作の深いつな

違いを「愛せる」社会は、豊かな社会。ニューヨークのキュレーターが語る、アートと多様性

2020その先へ
ダイバーシティ
プロジェクト
障害者

取材:日本財団ジャーナル編集部 この記事のPOINT! 作品づくりも人間関係づくりも、人と人とのコミュニケーションが大切 話すことや聞くことができなくても、アートを介してコミュニケーショ

【今さら聞けない、ダイバーシティって何ですか?】福祉を楽しくオシャレに!常識というボーダーに挑む“福祉実験ユニット”の軌跡

ダイバーシティ
障害者

取材:日本財団ジャーナル編集部 この記事のPOINT! アーティストである障害のある方にファンがつき、商品を購入するサイクルができれば、障害のある方の自立につながる価値がないと思われていたも

ミタメトークレポート(後編)「あなたとかかわりたい」のひと言がカギ。「見た目問題」の向き合い方

ダイバーシティ

取材:日本財団ジャーナル編集部 この記事のPOINT! 当事者自らイベントに参加するのは、「見た目問題」の存在を知ってもらうため見た目問題の根幹には「問題自体を知らない」「当事者に慣れていな

ミタメトークレポート(前編)“悪意のない共感”が人を傷つける?「見た目問題」を中高生が本気で考えた

ダイバーシティ

取材:日本財団ジャーナル編集部 この記事のPOINT! 人とは違う特徴的な外見故に学校や恋愛、就職で苦労する「見た目問題」普段は忘れているが、人の視線を感じることで「見た目」を意識してしまう

【多様性×テクノロジー】“かけるだけ”で文字が読める眼鏡誕生のきっかけは父親(オトン)?

ダイバーシティ

取材:日本財団ジャーナル編集部 この記事のPOINT! 日本では人口の高齢化に伴い、視覚に障害のある人が増えている「OTON GLASS(オトングラス)」は、文字に関する多くの課題を解決する

「障害は人ではなく環境にある」。18歳現役大学生が「ユニバーサルマナー検定」を体験してみた

ダイバーシティ
障害者

取材:日本財団ジャーナル編集部 この記事のPOINT! 「ユニバーサルマナー検定」では、障害者やお年寄りへの応対方法が身に付く18歳の現役大学生が、障害のある状態を疑似体験障害は人ではなく、

【今さら聞けない、ダイバーシティって何ですか?】困った時に“借りられるお父さん”?古くて新しい家族のあり方

ダイバーシティ
子ども

取材:日本財団ジャーナル編集部 この記事のPOINT! 「お父さんバンク」は子育て家庭と時間のある大人をつなげるプラットフォーム世の中に大勢いる子育てで手一杯な家庭を、みんなで支える仕組み多