「プロジェクト」に関する記事一覧

「現地資源を生かすこと」が開発支援の真髄。ミャンマーの未来を「薬草」で切り開く

プロジェクト

取材:日本財団ジャーナル編集部 この記事のPOINT! ミャンマーで伝統的に栽培される薬草は、地域振興の大きな可能性を秘めている 内戦で疲弊した国を立て直そうというカレン州の人たちの思い

話題の文筆家・岸田奈美さんが描く、人と人の歩み寄りで生まれる優しい世界

ダイバーシティ
プロジェクト
障害者

取材:日本財団ジャーナル編集部 この記事のPOINT! 行動を起こす人だけでなく、受け取る側の意識が変わらないと社会は変えられない 「ありがとう・ごめんなさい・こんにちは」という素直な心が

【会社づくりの参考書】「個性を増幅させる」ことが秘訣。農業を基盤に日本産ワイン作りに取り組む「銀河の里」が目指すもの

プロジェクト
障害者

取材:日本財団ジャーナル編集部 この記事のPOINT! 高齢者や障害者に本当の「暮らし」を取り戻したいという思いから、自然豊かな場所に福祉施設をつくった 障害者一人一人の個性を生かすことが、

宿題をし、お風呂に入り、歯磨きをして眠る。当たり前の習慣こそ子どもたちの自立する力を育む

プロジェクト
子ども

取材:日本財団ジャーナル編集部 この記事のPOINT! 日本には、経済的な問題から教育や体験機会に乏しい子どもが7人に1人存在する「第三の居場所」では、知識や習慣を身に付けることで、子どもの

障害のあるスタッフと作る日本ワイン。目指せ、地域の未来を開くワイナリー

プロジェクト
障害者

取材:日本財団ジャーナル編集部 この記事のPOINT! 岩手県花巻市が2016年11月に内閣府より認定を受けた「花巻クラフトワイン・シードル特区」を活用した初のワイナリーが誕生 国内で2%し

100冊の書籍を通じて日本と世界を紡ぐ

プロジェクト

取材:日本財団ジャーナル編集部 この記事のPOINT! 諸外国における日本への理解・関心は十分とは言えず、継続的な情報発信が必要 「書籍」は、日本の政治や経済、ビジネス、文化、歴史に関する理

村田諒太選手が少年院で激励!人生に負けは当たり前、「リマッチ」で勝つために大切なものとは?

プロジェクト

取材:日本財団ジャーナル編集部 この記事のPOINT! 自分で決めることは自由だが、そこには責任が伴う。それが原動力になる どんなに辛くても自分と徹底的に向き合うことで、自分の弱さを克服でき

自分の「好き」から学びを広げる。日本財団・笹川会長が“異才”な子どもたちに伝えたかったこと

プロジェクト
子ども

取材:日本財団ジャーナル編集部 この記事のPOINT! 「異才発掘プロジェクト ROCKET 」は、突出した才能がありながら学校になじめずにいる子どもたちを支援する取り組み 自分が好きな

子どもたちのワクワクに応えたい。地域の子どもたちのもう一つの家で成長を見守る“親しいお兄さん”の思い

プロジェクト
子ども

取材:日本財団ジャーナル編集部 この記事のPOINT! 「第三の居場所」は子どもたちにとって安心・安全な場所であり、好奇心を育む場所でもある 自分で決めることや何かに挑戦する経験が、子ども

沖縄合同旅行レポート【交流編】食う、寝る、遊ぶ。新しい仲間と共に過ごし成長した子どもたちの夏

プロジェクト
子ども

取材:日本財団ジャーナル編集部 この記事のPOINT! 2泊3日の沖縄旅行に、西日本10拠点の「第三の居場所」から約80人の子どもたちが参加 人への思いやりや気遣いが、子どもたちの交流の

沖縄合同旅行レポート【体験編】新たなチャレンジや感動。子どもたちの世界を広げた2泊3日の旅

プロジェクト
子ども

取材:日本財団ジャーナル編集部 この記事のPOINT! 「第三の居場所」は、教育や体験といった機会を通して、子どもたちの将来の自立に必要な力を養う場 「これは何だろう?」という好奇心が、子ど

ビジネスチャンスは社会課題の中にあり。世界的アクセラレターと日本財団が支援するソーシャルスタートアップの戦略

プロジェクト

取材:日本財団ジャーナル編集部 この記事のPOINT! 「日本財団ソーシャル・チェンジ・メーカーズ」は、世界的アクセラレーターと協働して行う実践的起業支援プログラム イノベーションを起こ

優れたソーシャルスタートアップの成長の支えに。世界的アクセラレターと日本財団がタッグを組む理由とは?

プロジェクト

取材:日本財団ジャーナル編集部 この記事のPOINT! 「日本財団ソーシャル・チェンジ・メーカーズ」とは、社会課題に挑戦するスタートアップを支援する実践的プログラム 日本には、一定の成長が見

「愛することは、つくること」。アートを通じて考える社会の多様性

2020その先へ
ダイバーシティ
プロジェクト
障害者

取材:日本財団ジャーナル編集部 この記事のPOINT! 2020年夏開催の展覧会「LOVE LOVE LOVE LOVE 展」。そのプレイベントは、アートや社会の多様性、愛と創作の深いつな

さんくーるにTWINS、人気動画クリエイターがパラスポーツを「やってみた」

プロジェクト

取材:日本財団ジャーナル編集部 この記事のPOINT! 人気動画クリエイターのさんくーるとTWINSが、日本を代表するアスリートと共にパラスポーツを体験 パラスポーツの魅力の一つは、競技を

違いを「愛せる」社会は、豊かな社会。ニューヨークのキュレーターが語る、アートと多様性

2020その先へ
ダイバーシティ
プロジェクト
障害者

取材:日本財団ジャーナル編集部 この記事のPOINT! 作品づくりも人間関係づくりも、人と人とのコミュニケーションが大切 話すことや聞くことができなくても、アートを介してコミュニケーショ

「あるのはルールだけ。人種や障害に垣根はない」。中田英寿らHEROsアンバサダーが感じたパラスポーツの力

プロジェクト

取材:日本財団ジャーナル編集部 この記事のPOINT! 日本を代表するアスリートたちが現役・OB、健常者・障害者の垣根を超えて対戦し、パラスポーツを体験 (競技の一つ一つが工夫されている)

子どもの学びサポーターズセッションレポート(前編)「学びにくさ」を抱える子どもたちに地域は何ができる?

プロジェクト
子ども

取材:日本財団ジャーナル編集部 この記事のPOINT! 「学校に行きたくない」と感じている中学生は推計約43万人。学習面を理由に挙げる子どもの割合が大きい 社会全体の学びや不登校に対する意識

子どもの学びサポーターズセッションレポート(中編)地域の絆で「学びにくさ」を解消する

プロジェクト
子ども

取材:日本財団ジャーナル編集部 この記事のPOINT! 理由はないけど学校に行くことができない子どももいる 子どもの「学びにくさ」を解決するには、人や居場所、地域とのつながりが重要 地域

子どもの学びサポーターズセッションレポート(後編)「学び」の形は、とてもシンプル!これからの時代の学びについて

プロジェクト
子ども

取材:日本財団ジャーナル編集部 この記事のPOINT! 「学校に行かない=いけないこと」といった前提が子どもたちを苦しめている 今の教育現場は先生にかかる負担が大き過ぎる。「できる人に任