「プロジェクト」に関する記事一覧

プロジェクト
子ども

日本の子どもの7人に1人が貧困という事実。いま「第三の居場所」がなぜ必要なのか?

取材:日本財団ジャーナル編集部 「貧困」とは、お金が足りないことだけを意味するわけではない。広辞苑によると2つの定義があり「貧しく生活が苦しいこと」と「乏しく欠けていること」を指す。専

日本の子どもの7人に1人が貧困という事実。いま「第三の居場所」がなぜ必要なのか?
プロジェクト

「社会貢献」って言葉、カタくないですか?アスリートが考えるもっと気軽な助け合いのカタチ

取材:日本財団ジャーナル編集部 「社会貢献」という言葉を聞いて、どんな印象を受けるだろう。「意識高い人がやってそう」「ハードルが高い感じ」「何をすればよいか分からない」「私には関係ない

「社会貢献」って言葉、カタくないですか?アスリートが考えるもっと気軽な助け合いのカタチ
プロジェクト

世界で“ハンセン病の今”を撮り続けるフォトグラファーが見た、いわれなき差別の現場

取材:日本財団ジャーナル編集部 2018年の「ガンジー平和賞」受賞者として、WHO(世界保健機関) ハンセン病制圧大使を務める日本財団の笹川陽平(ささかわ・ようへい)会長が選ばれた。日

世界で“ハンセン病の今”を撮り続けるフォトグラファーが見た、いわれなき差別の現場
プロジェクト

偏見や差別を生むのは「無知」や「無関心」。声なき声を伝えるドキュメンタリー映画監督に聞く

取材:日本財団ジャーナル編集部 2月24日、天皇陛下御在位30年の記念式典で歌手の三浦大知さんが「歌声の響」を披露することが発表され、話題を呼んだ。この曲は、天皇皇后両陛下が1975年

偏見や差別を生むのは「無知」や「無関心」。声なき声を伝えるドキュメンタリー映画監督に聞く
プロジェクト

【アスリートの社会貢献】村田諒太が語る“ネガティブ社会”の変え方

取材:日本財団ジャーナル編集部 ロンドン五輪ミドル級金メダリストで元WBA世界ミドル級王者のプロボクサー、村田諒太選手。2018年10月に防衛戦で敗戦を経て12月には現役続行を表明した。プ

【アスリートの社会貢献】村田諒太が語る“ネガティブ社会”の変え方
プロジェクト

人生最後の社会貢献「遺贈」で子どもたちに“チャンス”を

取材:日本財団ジャーナル編集部 少子高齢化が進む昨今、自分の築いてきた財産の「行き先」に悩む人が増えている。そんな中、メディアでもたびたび取り上げられ注目されているのが「遺贈(いぞう)

人生最後の社会貢献「遺贈」で子どもたちに“チャンス”を
プロジェクト
障害者

多くの企業が注目するワケは? 障害者が笑顔で働く原宿のおしゃれなフラワーカフェ

取材:日本財団ジャーナル編集部 障害者が地域の一員として “普通”に暮らせる「共生社会」実現の理念の下、日本の民間企業には、社員数に対して一定の割合の障害者を雇用することが義務づけられ

多くの企業が注目するワケは? 障害者が笑顔で働く原宿のおしゃれなフラワーカフェ
プロジェクト

被害者も加害者も生まない社会へ~表裏一体の支援事業を行う担当者の思い〜

取材:日本財団ジャーナル編集部 犯罪の被害者も加害者も生まない社会を目指し、日本財団は、犯罪被害者の支援事業を行う一方で、罪を犯した出所者の社会復帰支援事業にも取り組んでいる。この対極

被害者も加害者も生まない社会へ~表裏一体の支援事業を行う担当者の思い〜
プロジェクト

2050年の海は、魚よりもごみが多くなるってホント!?いま私たちにできる2つのアクション

執筆:日本財団ジャーナル編集部 海が、私たちの出すごみによって汚染されている。テレビや新聞で報道される機会も増えたことで多くの人がこの事実を認識しているが、海洋ごみの実態や発生のメカニ

2050年の海は、魚よりもごみが多くなるってホント!?いま私たちにできる2つのアクション
プロジェクト
子ども

潜在的な里親候補者は100万世帯!なぜ、里親・養子縁組制度が日本に普及しないのか?

取材:日本財団ジャーナル編集部 「里親」や「特別養子縁組」と聞くと、どこか遠い言葉に感じる方が多いかもしれない。しかし生みの親のもとで暮らすことができずにいる子どもが、日本には約4万5

潜在的な里親候補者は100万世帯!なぜ、里親・養子縁組制度が日本に普及しないのか?
プロジェクト
子ども

産むことだけが選択肢じゃない。瀬奈じゅんさん・千田真司さん夫妻と“わが子”との出会い

取材:日本財団ジャーナル編集部 「特別養子縁組制度」をご存知だろうか。何らかの理由で実親と暮らすことが難しい6歳未満の子どもと、子どもが欲しい別の夫婦を縁組して戸籍上の親子とし、子ども

産むことだけが選択肢じゃない。瀬奈じゅんさん・千田真司さん夫妻と“わが子”との出会い
2020その先へ
プロジェクト

“ブラックボランティア”批判を退け24万人が応募!東京2020大会成功のカギは誰が握る?

取材:日本財団ジャーナル編集部 2018年12月21日に締め切った東京2020オリンピック・パラリンピック(以下、東京2020)のボランティア募集。応募者数は、大会運営のサポートを行う

“ブラックボランティア”批判を退け24万人が応募!東京2020大会成功のカギは誰が握る?
プロジェクト
障害者

イエス、ノーのクエスチョンが落とし穴!障害者雇用を成功に導くコミュニケーション術

取材:日本財団ジャーナル編集部 2018年、多くのメディアで連日のように取り上げられていた「障害者雇用」。特に中央省庁の雇用水増し問題が大きく騒がれた

イエス、ノーのクエスチョンが落とし穴!障害者雇用を成功に導くコミュニケーション術
プロジェクト
障害者

障害者の分身ロボットが働くカフェで接客されてみたら、あまりに“ふつう”だった件

取材:日本財団ジャーナル編集部 オリヒメディーは、ロボット開発を通して障害者を支援する企業、オリィ研究所が開発した、人と社会をつなげる身長120センチほどのロボット。手足や舌、呼吸にか

障害者の分身ロボットが働くカフェで接客されてみたら、あまりに“ふつう”だった件
プロジェクト
子ども

学校だけが居場所じゃない!16歳の不登校画家が見つけた自分らしい学びの形

取材:日本財団ジャーナル編集部 小学生、中学生の不登校児童生徒数は現在14万人以上といわれ、年々増加傾向にある。また、日本財団の調査で、学校になじんでいない、不登校傾向にある中学生が約

学校だけが居場所じゃない!16歳の不登校画家が見つけた自分らしい学びの形