「プロジェクト」に関する記事一覧

プロジェクト
子ども

「#学校ムリかも」から見える、学校がつらい推計43万人の子どもたちに必要な受け皿

執筆:日本財団ジャーナル編集部 「学校がつらい、登校したくない…」。日本にはそんな思いを抱えた中学生が大勢いる。その数は年々増加傾向にあるという。一体何が子どもたちを追い詰め、苦しめて

プロジェクト
障害者

【会社づくりの参考書】“有り難い(ありがたい)”を“当たり前”に。手話&筆談カフェの挑戦

取材:日本財団ジャーナル編集部 障害者雇用のモデル事例を紹介し、みんなが働きやすい会社づくりのヒントを探る連載企画の第2回は、東京・春日にあるスープ専門店「Social Cafe Si

プロジェクト
子ども

「パートナーは反対しなかった?」「真実告知のタイミングは?」経験者が語る特別養子縁組の真実

取材:日本財団ジャーナル編集部 4月4日を「養子の日」と定める日本財団は、2019年3月30日、特別養子縁組の普及啓発を目的としたイベントを開催。これから子ども迎えたいという夫婦や

プロジェクト
子ども

初めて親と離れて過ごす1泊2日の小さな冒険!子どもたちが見せた“生きる力”

取材:日本財団ジャーナル編集部 子どもたちが健やかに成長するためには、十分な教育環境と体験機会が欠かせない。そんな子どもたちが勉強や食事を共にし、歯磨きやお風呂に入るといった基本的な生

プロジェクト

学校になじめない推計33万人の「隠れ不登校」中学生。彼らの声から見える「学校」の在り方とは?

執筆:日本財団ジャーナル編集部 「教室にいるけど学校が辛いと感じている」「本当は授業に参加したくない」「登校はするけど、教室には入りたくない」といった思いを抱えている「不登校傾向」にあ

プロジェクト

あわてずにゆっくり来いと…。「ゆいごん川柳」受賞者が打ち明ける妻への思い

取材:日本財団ジャーナル編集部 「遺言」に関する正しい理解と、人生の最期について大切な人と話し合うきっかけをつくろうと、日本財団は1月5日を「遺言の日」と定めている。これに伴い行ってい

プロジェクト

What’s文楽?外国人と大学生が日本の古典芸能を体験してみた

取材:日本財団ジャーナル編集部 2019年3月9日〜12日、明治神宮の鳥居前で開催された「にっぽん文楽」。これまで、六本木ヒルズに始まり、浅草寺や伊勢神宮、熊本城(震災復興支援)などで

プロジェクト

若者に自殺を考えさせる多くの原因は「いじめ」、「不登校」経験も強く関連。そのとき相談する相手は誰?

執筆:日本財団ジャーナル編集部 日本に暮らす18〜22歳の若者のうち、4人に1人が自殺を本気で考えたことがあり、10人に1人が自殺未遂を経験したことがある。そして、その原因の半数が学校

プロジェクト
障害者

チャリティーではなくチャンスを!障害者と社会成長にコミットする就労支援のカタチ

取材:日本財団ジャーナル編集部 障害があるために企業での就労の機会に恵まれず、福祉就労の現場にいる人たちが全国に約30万人いる。厚労省によると福祉施設で働く障害者が得る月額の工賃は約1

プロジェクト
子ども

日本の子どもの7人に1人が貧困という事実。いま「第三の居場所」がなぜ必要なのか?

取材:日本財団ジャーナル編集部 「貧困」とは、お金が足りないことだけを意味するわけではない。広辞苑によると2つの定義があり「貧しく生活が苦しいこと」と「乏しく欠けていること」を指す。専

プロジェクト

「社会貢献」って言葉、カタくないですか?アスリートが考えるもっと気軽な助け合いのカタチ

取材:日本財団ジャーナル編集部 「社会貢献」という言葉を聞いて、どんな印象を受けるだろう。「意識高い人がやってそう」「ハードルが高い感じ」「何をすればよいか分からない」「私には関係ない

プロジェクト

世界で“ハンセン病の今”を撮り続けるフォトグラファーが見た、いわれなき差別の現場

取材:日本財団ジャーナル編集部 2018年の「ガンジー平和賞」受賞者として、WHO(世界保健機関) ハンセン病制圧大使を務める日本財団の笹川陽平(ささかわ・ようへい)会長が選ばれた。日

プロジェクト

偏見や差別を生むのは「無知」や「無関心」。声なき声を伝えるドキュメンタリー映画監督に聞く

取材:日本財団ジャーナル編集部 2月24日、天皇陛下御在位30年の記念式典で歌手の三浦大知さんが「歌声の響」を披露することが発表され、話題を呼んだ。この曲は、天皇皇后両陛下が1975年

プロジェクト

【アスリートの社会貢献】村田諒太が語る“ネガティブ社会”の変え方

取材:日本財団ジャーナル編集部 ロンドン五輪ミドル級金メダリストで元WBA世界ミドル級王者のプロボクサー、村田諒太選手。2018年10月に防衛戦で敗戦を経て12月には現役続行を表明した。プ

プロジェクト

人生最後の社会貢献「遺贈」で子どもたちに“チャンス”を

取材:日本財団ジャーナル編集部 少子高齢化が進む昨今、自分の築いてきた財産の「行き先」に悩む人が増えている。そんな中、メディアでもたびたび取り上げられ注目されているのが「遺贈(いぞう)

プロジェクト
障害者

【会社づくりの参考書】多くの企業が注目。障害者が笑顔で働く原宿のおしゃれなフラワーカフェ

取材:日本財団ジャーナル編集部 障害者が地域の一員として “普通”に暮らせる「共生社会」実現の理念の下、日本の民間企業には、社員数に対して一定の割合の障害者を雇用することが義務づけられ

プロジェクト

被害者も加害者も生まない社会へ~表裏一体の支援事業を行う担当者の思い〜

取材:日本財団ジャーナル編集部 犯罪の被害者も加害者も生まない社会を目指し、日本財団は、犯罪被害者の支援事業を行う一方で、罪を犯した出所者の社会復帰支援事業にも取り組んでいる。この対極

プロジェクト

2050年の海は、魚よりもごみが多くなるってホント!?いま私たちにできる2つのアクション

執筆:日本財団ジャーナル編集部 海が、私たちの出すごみによって汚染されている。テレビや新聞で報道される機会も増えたことで多くの人がこの事実を認識しているが、海洋ごみの実態や発生のメカニ

プロジェクト
子ども

潜在的な里親候補者は100万世帯!なぜ、里親・養子縁組制度が日本に普及しないのか?

取材:日本財団ジャーナル編集部 「里親」や「特別養子縁組」と聞くと、どこか遠い言葉に感じる方が多いかもしれない。しかし生みの親のもとで暮らすことができずにいる子どもが、日本には約4万5

プロジェクト
子ども

産むことだけが選択肢じゃない。瀬奈じゅんさん・千田真司さん夫妻と“わが子”との出会い

取材:日本財団ジャーナル編集部 「特別養子縁組制度」をご存知だろうか。何らかの理由で実親と暮らすことが難しい6歳未満の子どもと、子どもが欲しい別の夫婦を縁組して戸籍上の親子とし、子ども