「子ども」に関する記事一覧

宿題をし、お風呂に入り、歯磨きをして眠る。当たり前の習慣こそ子どもたちの自立する力を育む

プロジェクト
子ども

取材:日本財団ジャーナル編集部 この記事のPOINT! 日本には、経済的な問題から教育や体験機会に乏しい子どもが7人に1人存在する「第三の居場所」では、知識や習慣を身に付けることで、子どもの

自分の「好き」から学びを広げる。日本財団・笹川会長が“異才”な子どもたちに伝えたかったこと

プロジェクト
子ども

取材:日本財団ジャーナル編集部 この記事のPOINT! 「異才発掘プロジェクト ROCKET 」は、突出した才能がありながら学校になじめずにいる子どもたちを支援する取り組み 自分が好きな

子どもたちのワクワクに応えたい。地域の子どもたちのもう一つの家で成長を見守る“親しいお兄さん”の思い

プロジェクト
子ども

取材:日本財団ジャーナル編集部 この記事のPOINT! 「第三の居場所」は子どもたちにとって安心・安全な場所であり、好奇心を育む場所でもある 自分で決めることや何かに挑戦する経験が、子ども

元気よ届け!HIKAKINが難病の子どもたちに「ぬいぐるみ」を贈るその訳は?

子ども

取材:日本財団ジャーナル編集部 この記事のPOINT! 難病に苦しむ子どもの数は全国で14万人以上。子どもとその家族への支援が不足し、疲弊する人も少なくない 動画と、動画に出てくるぬいぐ

沖縄合同旅行レポート【交流編】食う、寝る、遊ぶ。新しい仲間と共に過ごし成長した子どもたちの夏

プロジェクト
子ども

取材:日本財団ジャーナル編集部 この記事のPOINT! 2泊3日の沖縄旅行に、西日本10拠点の「第三の居場所」から約80人の子どもたちが参加 人への思いやりや気遣いが、子どもたちの交流の

沖縄合同旅行レポート【体験編】新たなチャレンジや感動。子どもたちの世界を広げた2泊3日の旅

プロジェクト
子ども

取材:日本財団ジャーナル編集部 この記事のPOINT! 「第三の居場所」は、教育や体験といった機会を通して、子どもたちの将来の自立に必要な力を養う場 「これは何だろう?」という好奇心が、子ど

【ソーシャル人】音楽やデジタルを駆使して医療福祉を変える!始まりは大切な母や祖父への想い

子ども
障害者

取材:日本財団ジャーナル編集部 この記事のPOINT! 医療福祉のことを身近に感じ、障害や病気のことを理解してもらうためにはエンターテインメントの力が必要 デジリハを通して、子どもたちが

子どもの学びサポーターズセッションレポート(前編)「学びにくさ」を抱える子どもたちに地域は何ができる?

プロジェクト
子ども

取材:日本財団ジャーナル編集部 この記事のPOINT! 「学校に行きたくない」と感じている中学生は推計約43万人。学習面を理由に挙げる子どもの割合が大きい 社会全体の学びや不登校に対する意識

子どもの学びサポーターズセッションレポート(中編)地域の絆で「学びにくさ」を解消する

プロジェクト
子ども

取材:日本財団ジャーナル編集部 この記事のPOINT! 理由はないけど学校に行くことができない子どももいる 子どもの「学びにくさ」を解決するには、人や居場所、地域とのつながりが重要 地域

子どもの学びサポーターズセッションレポート(後編)「学び」の形は、とてもシンプル!これからの時代の学びについて

プロジェクト
子ども

取材:日本財団ジャーナル編集部 この記事のPOINT! 「学校に行かない=いけないこと」といった前提が子どもたちを苦しめている 今の教育現場は先生にかかる負担が大き過ぎる。「できる人に任

科学のベースは「食」である!「試行錯誤」にこそ学びがあるとするROCKET流の学び方

プロジェクト
子ども

取材:日本財団ジャーナル編集部 この記事のPOINT! 「知っている」と思っているものも、本当の意味で知っているとは限らない 疑問を感じたら実践し、成功や失敗を繰り返しながら「試行錯誤す

スポーツバーみたいに選挙で盛り上がる「選挙バー」が誕生!仕掛け人は不登校に苦しんだ高校生

プロジェクト
子ども

取材:日本財団ジャーナル編集部 この記事のPOINT! 「普通に生きる」ことに苦しむ若者も、納得して生きていくための居場所がどこかにある「選挙バー」は、スポーツバーのようにみんなで政治を楽し

渋谷区と日本財団が考える「子育て論」。今必要なのは、地域全体で子どもの成長を支える仕組み

プロジェクト
子ども

取材:日本財団ジャーナル編集部 この記事のPOINT! 「渋谷区こどもテーブル」は地域ぐるみで子どもを育てる取り組み複雑化する子どもの問題は、家庭だけでなく周りの大人たちみんなで支える必要が

「#学校ムリかも」に集まった声を不登校経験者のしょこたんらが真剣にトーク

プロジェクト
子ども

取材:日本財団ジャーナル編集部 この記事のPOINT! 日本では現在、推計43万人の中学生が「学校に行きたくない」と感じているTwitterキャンペーン「#学校ムリかも」に集まった声から、「

AI時代を生きる子どもたちへ。サッカー元日本代表監督・岡田武史が伝えたい「生き抜く力」

子ども

取材:日本財団ジャーナル編集部 この記事のPOINT! 今の子どもたちには、本当の強さや豊かさを知り、自分で人生を切り拓く力が必要子どもたちに、人間が本来持っている遺伝子のスイッチを入れる機

「#学校ムリかも」から見える、学校がつらい推計43万人の子どもたちに必要な受け皿

プロジェクト
子ども

執筆:日本財団ジャーナル編集部 この記事のPOINT! 10人に1人の中学生が、学校はつらいと感じている100年前の明治時代から変わらない教育体制は、現代には合わない場合もある必要なのは、子

「パートナーは反対しなかった?」「真実告知のタイミングは?」経験者が語る特別養子縁組の真実

プロジェクト
子ども

取材:日本財団ジャーナル編集部 この記事のPOINT! 特別養子縁組は、夫婦で話し合いを重ねながら同じ方向を向くことが大切特別養子縁組の普及には、不安や悩みなどを発信できるアウトプットの場も

初めて親と離れて過ごす1泊2日の小さな冒険!子どもたちが見せた“生きる力”

プロジェクト
子ども

取材:日本財団ジャーナル編集部 この記事のPOINT! 「第三の居場所」は、子どもたちに将来必要な自立する力を育む場所自然の中での遊びや生活を通して、子どもたちはたくさんの好奇心と可能性を発

【今さら聞けない、ダイバーシティって何ですか?】困った時に“借りられるお父さん”?古くて新しい家族のあり方

ダイバーシティ
子ども

取材:日本財団ジャーナル編集部 この記事のPOINT! 「お父さんバンク」は子育て家庭と時間のある大人をつなげるプラットフォーム世の中に大勢いる子育てで手一杯な家庭を、みんなで支える仕組み多

日本の子どもの7人に1人が貧困という事実。いま「第三の居場所」がなぜ必要なのか?

プロジェクト
子ども

取材:日本財団ジャーナル編集部 この記事のPOINT! 親から続く「貧困の連鎖」を断ち切らない限り、「子どもの貧困」問題は解決しない「第三の居場所」は、さまざまな困難に直面する子どもたちの「