「障害者」に関する記事一覧

ビジネスリーダーが動けば変革は加速する。障害者のインクルージョンが社会を豊かにする

ダイバーシティ
障害者

取材:日本財団ジャーナル編集部 この記事のPOINT! 障害者の50%が仕事に恵まれず貧困に直面。世界中で「障害者の不平等」が起きている障害者が活躍し潜在的な価値を発揮できる社会の実現には、

【ソーシャル人】いま企業に必要なのはインクルーシブな視点。社会起業家キャロライン・ケイシーさんが説く

ダイバーシティ
障害者

取材:日本財団ジャーナル編集部 この記事のPOINT! 8兆ドルという高い市場ニーズを秘めながら、ビジネスシーンで「障害」はタブー視されてきた 「The Valuable 500」は、世

【会社づくりの参考書】料理人に障害のある無しは関係ない。京都・錦市場「斗米庵」の挑戦

プロジェクト
障害者

取材:日本財団ジャーナル編集部 この記事のPOINT! 「斗米庵」は失われつつある「京の台所」としての機能を錦市場に取り戻すために誕生 障害の有無は関係ない。地道に努力すれば、誰でも

誰もが活躍できる社会を実現するために。就労支援の課題からより良い報酬体系を探る

ダイバーシティ
プロジェクト
障害者

取材:日本財団ジャーナル編集部 この記事のPOINT! 平均工賃・賃金共に増加傾向に。成果の見える化と他者との比較が、高い工賃や賃金を実現している「生産性」を軸とした報酬体系が就労支援の現場

日本で1,500万人以上が抱える「働きづらさ」。今求められる就労支援の在り方を考える

ダイバーシティ
プロジェクト
障害者

取材:日本財団ジャーナル編集部 この記事のPOINT! 障害や病気、引きこもりなど日本には「働きづらさ」を抱えた人が1,500万人以上いる 複雑化、多様化する福祉ニーズ。柔軟かつスムーズ

「数合わせ」が定着を阻む障害者雇用の実態。「みなし雇用」は社会にとって有益なのか?

ダイバーシティ
プロジェクト
障害者

取材:日本財団ジャーナル編集部 この記事のPOINT! 法定雇用率を達成するための「数合わせ」の採用が、障害者の職場定着を阻む障害者個々の特性を生かした職場づくりが企業の生産性を上げ、障害者

スポーツ界の社会貢献の輪を広げる「HEROs AWARD」。2019年の栄冠は誰の手に?

プロジェクト
子ども
障害者

取材:日本財団ジャーナル編集部 この記事のPOINT! HEROs AWARDは、アスリートやNPOが行うスポーツの力を生かした社会貢献活動を表彰する年に一度の式典 アスリートがスポーツ

重度障害者が働くパン屋さんの工賃向上への挑戦。障害者の「働く」可能性を作家・岸田奈美さんと共に探る

プロジェクト
障害者

取材:日本財団ジャーナル編集部 この記事のPOINT! 生産設備の導入により、重度障害者の就労の可能性や賃金アップの可能性が生まれる 障害のある人たちが持つ個性を生かすことが就労支援の場

話題の作家・岸田奈美さんが描く、人と人の歩み寄りで生まれる優しい世界

ダイバーシティ
プロジェクト
障害者

取材:日本財団ジャーナル編集部 この記事のPOINT! 行動を起こす人だけでなく、受け取る側の意識が変わらないと社会は変えられない 「ありがとう・ごめんなさい・こんにちは」という素直な心が

【会社づくりの参考書】「個性を増幅させる」ことが秘訣。農業を基盤に日本産ワイン作りに取り組む「銀河の里」が目指すもの

プロジェクト
障害者

取材:日本財団ジャーナル編集部 この記事のPOINT! 高齢者や障害者に本当の「暮らし」を取り戻したいという思いから、自然豊かな場所に福祉施設をつくった 障害者一人一人の個性を生かすことが、

障害のあるスタッフと作る日本ワイン。目指せ、地域の未来を開くワイナリー

プロジェクト
障害者

取材:日本財団ジャーナル編集部 この記事のPOINT! 岩手県花巻市が2016年11月に内閣府より認定を受けた「花巻クラフトワイン・シードル特区」を活用した初のワイナリーが誕生 国内で2%し

ブラインドサッカー日本代表・高田監督による「常識の枠を壊し、混ざり合う」指導

障害者

取材:日本財団ジャーナル編集部 この記事のPOINT! ブラインドサッカーは、スポーツを通して「人間の持つ可能性を感じられる」 「障がい者だからできない」を「どうすればできるか」に思考を

生産性のない人間は生きる価値がないのか?『こんな夜更けにバナナかよ』著者・渡辺一史が問う

障害者

取材:日本財団ジャーナル編集部 この記事のPOINT! 人が生きていることの深みは、「生産性」という一面的な価値観では決して測れない重度障害者の自立生活において、「支える」と「支えられる」は

「愛することは、つくること」。アートを通じて考える社会の多様性

2020その先へ
ダイバーシティ
プロジェクト
障害者

取材:日本財団ジャーナル編集部 この記事のPOINT! 2020年夏開催の展覧会「LOVE LOVE LOVE LOVE 展」。そのプレイベントは、アートや社会の多様性、愛と創作の深いつな

違いを「愛せる」社会は、豊かな社会。ニューヨークのキュレーターが語る、アートと多様性

2020その先へ
ダイバーシティ
プロジェクト
障害者

取材:日本財団ジャーナル編集部 この記事のPOINT! 作品づくりも人間関係づくりも、人と人とのコミュニケーションが大切 話すことや聞くことができなくても、アートを介してコミュニケーショ

【ソーシャル人】音楽やデジタルを駆使して医療福祉を変える!始まりは大切な母や祖父への想い

子ども
障害者

取材:日本財団ジャーナル編集部 この記事のPOINT! 医療福祉のことを身近に感じ、障害や病気のことを理解してもらうためにはエンターテインメントの力が必要 デジリハを通して、子どもたちが

【会社づくりの参考書】レストランも農業も林業も本気で取り組む、福祉楽団が実践する創造する福祉

プロジェクト
障害者

取材:日本財団ジャーナル編集部 この記事のPOINT! 仕事は細かく切り分けることで、多くの人が働きやすい環境になる 福祉事業も一般のビジネスと同様、仕事の「品質」や「見た目」が大切

大切なのは「誰もが参加できること」。世界ゆるスポーツ協会・澤田智洋さんが追求するスポーツの可能性

プロジェクト
障害者

取材:日本財団ジャーナル編集部 この記事のPOINT! 運動が苦手な人や障害がある人も楽しめるように考案された「ゆるスポーツ」がアツい! 若手クリエイターたちが手掛ける各競技には、それぞ

障害・年齢・運動神経不問!みんなが笑顔になる「ゆるスポーツ」を現役大学生が体験してみた

プロジェクト
障害者

取材:日本財団ジャーナル編集部 この記事のPOINT! 「ゆるスポーツ」は、障害がある人や運動が苦手な人目線で生み出された新スポーツ “弱さを強さに変える”競技も多く、誰もが活躍できる

圧倒的なパワーを放つ作品の数々。ギモンを生むアートの楽しみ方

プロジェクト
障害者

取材:日本財団ジャーナル編集部 この記事のPOINT! 障害のある作家の多くは、アートの根源的な魅力を表現しているアートに障害の有無は関係ない。感動とリスペクト、驚きや好奇心がアートの本質で