「障害者」に関する記事一覧

生産性のない人間は生きる価値がないのか?『こんな夜更けにバナナかよ』著者・渡辺一史が問う

障害者

取材:日本財団ジャーナル編集部 この記事のPOINT! 人が生きていることの深みは、「生産性」という一面的な価値観では決して測れない重度障害者の自立生活において、「支える」と「支えられる」は

「愛することは、つくること」。アートを通じて考える社会の多様性

2020その先へ
ダイバーシティ
プロジェクト
障害者

取材:日本財団ジャーナル編集部 この記事のPOINT! 2020年夏開催の展覧会「LOVE LOVE LOVE LOVE 展」。そのプレイベントは、アートや社会の多様性、愛と創作の深いつな

違いを「愛せる」社会は、豊かな社会。ニューヨークのキュレーターが語る、アートと多様性

2020その先へ
ダイバーシティ
プロジェクト
障害者

取材:日本財団ジャーナル編集部 この記事のPOINT! 作品づくりも人間関係づくりも、人と人とのコミュニケーションが大切 話すことや聞くことができなくても、アートを介してコミュニケーショ

【ソーシャル人】音楽やデジタルを駆使して医療福祉を変える!始まりは大切な母や祖父への想い

子ども
障害者

取材:日本財団ジャーナル編集部 この記事のPOINT! 医療福祉のことを身近に感じ、障害や病気のことを理解してもらうためにはエンターテインメントの力が必要 デジリハを通して、子どもたちが

【会社づくりの参考書】レストランも農業も林業も本気で取り組む、福祉楽団が実践する創造する福祉

プロジェクト
障害者

取材:日本財団ジャーナル編集部 この記事のPOINT! 仕事は細かく切り分けることで、多くの人が働きやすい環境になる 福祉事業も一般のビジネスと同様、仕事の「品質」や「見た目」が大切

大切なのは「誰もが参加できること」。世界ゆるスポーツ協会・澤田智洋さんが追求するスポーツの可能性

プロジェクト
障害者

取材:日本財団ジャーナル編集部 この記事のPOINT! 運動が苦手な人や障害がある人も楽しめるように考案された「ゆるスポーツ」がアツい! 若手クリエイターたちが手掛ける各競技には、それぞ

障害・年齢・運動神経不問!みんなが笑顔になる「ゆるスポーツ」を現役大学生が体験してみた

プロジェクト
障害者

取材:日本財団ジャーナル編集部 この記事のPOINT! 「ゆるスポーツ」は、障害がある人や運動が苦手な人目線で生み出された新スポーツ “弱さを強さに変える”競技も多く、誰もが活躍できる

圧倒的なパワーを放つ作品の数々。ギモンを生むアートの楽しみ方

プロジェクト
障害者

取材:日本財団ジャーナル編集部 この記事のPOINT! 障害のある作家の多くは、アートの根源的な魅力を表現しているアートに障害の有無は関係ない。感動とリスペクト、驚きや好奇心がアートの本質で

【今さら聞けない、ダイバーシティって何ですか?】福祉を楽しくオシャレに!常識というボーダーに挑む“福祉実験ユニット”の軌跡

ダイバーシティ
障害者

取材:日本財団ジャーナル編集部 この記事のPOINT! アーティストである障害のある方にファンがつき、商品を購入するサイクルができれば、障害のある方の自立につながる価値がないと思われていたも

【会社づくりの参考書】“有り難い(ありがたい)”を“当たり前”に。手話&筆談カフェの挑戦

プロジェクト
障害者

取材:日本財団ジャーナル編集部 この記事のPOINT! 言葉がなくてもコミュニケーションは成立するありがとう(有難い)の反対語は「当たり前」。「ありがとう」から「当たり前」になる社会をつくり

「障害は人ではなく環境にある」。18歳現役大学生が「ユニバーサルマナー検定」を体験してみた

ダイバーシティ
障害者

取材:日本財団ジャーナル編集部 この記事のPOINT! 「ユニバーサルマナー検定」では、障害者やお年寄りへの応対方法が身に付く18歳の現役大学生が、障害のある状態を疑似体験障害は人ではなく、

チャリティーではなくチャンスを!障害者と社会成長にコミットする就労支援のカタチ

プロジェクト
障害者

取材:日本財団ジャーナル編集部 この記事のPOINT! 障害者支援に必要な視点は「チャリティー」ではなく「チャンス」障害者の自立を促進するには、まず福祉事業者こそが自立する必要がある障害者就

【ソーシャル人】摂食障害を乗り越えた起業家が挑む、障害者が成功体験を得るための仕組みづくり

障害者

取材:日本財団ジャーナル編集部 この記事のPOINT! 障害者の中には、働く意思はあるのに働く環境を得られず、社会になじめない人がいるクライアント企業と働き手となる障害者の間に入りマネジメン

【会社づくりの参考書】多くの企業が注目。障害者が笑顔で働く原宿のおしゃれなフラワーカフェ

プロジェクト
障害者

取材:日本財団ジャーナル編集部 この記事のPOINT! 障害者雇用に必要なのは障害者への“配慮”ではない。みんなが抱える“働きづらさ”を解消すること「もっとがんばりたい」「知識と技術を身につ

イエス、ノーのクエスチョンが落とし穴!障害者雇用を成功に導くコミュニケーション術

プロジェクト
障害者

取材:日本財団ジャーナル編集部 この記事のPOINT! 障害者雇用問題の根底にあるのは、障害者の進学率の低さと離職率の高さ障害者との正しいコミュニケーション方法を知ることで、雇用環境は大きく

障害者の分身ロボットが働くカフェで接客されてみたら、あまりに“ふつう”だった件

プロジェクト
障害者

取材:日本財団ジャーナル編集部 この記事のPOINT! 難病患者や重度障害者が遠隔操作する分身ロボットが、期間限定オープンの実験カフェでテスト運用された操作する「パイロット」がその場にいるか