B.LEAGUEと社会貢献プログラムで連携強化2017-18シーズン第1弾は難病の子どもとその家族を試合観戦に招待

日本財団は2017年1月、公益社団法人ジャパン・プロフェッショナル・バスケットボールリーグ(B.LEAGUE)と「スポーツと社会的責任」をテーマに、B.LEAGUEが開始した社会貢献プログラム「B.LEAGUE Hope」に協力・連携することに合意し、熊本地震への支援活動、難病と闘う子どもとその家族を支える取り組みを実施してきました。

このたび、社会貢献プログラムの推進強化を目的に、難病の子どもとその家族を招待するプログラムを共同実施することになりました。招待プログラムでは、3歳から18歳の小児難病を抱える子どもとその家族をバスケットボールの試合に招待し、病気の苦しみ、張りつめた看病から一時的に解放し、安らぎを提供することを狙いとするものです。

B.LEAGUE Hope × 日本財団の今シーズンの第1弾の取り組みとしてお知らせいたします。

合意した目的と活動領域

スポーツが持つ社会的責任について、互いが協力しながら社会貢献活動を推進することにより、社会に広く周知及び認知を広げる

  1. Planet(かけがえのない地球を守るための活動)
  2. Peace(地球、国、世界が安心できる環境づくり)
  3. People(みんながみんなを支える社会の実現)
  4. Social Innovation(ソーシャルイノベーションの推進)

B.LEAGUE Hope×日本財団 2017-18 シーズンでの取り組み 第1弾

実施クラブ アルバルク東京(※1)
プロジェクト名称 トヨタ東京カローラ株式会社 presents 花冠シート
内容 難病の子どもとそのご家族をアルバルク東京のホームゲームへご招待
  • 3歳から18歳の小児難病を抱えるお子様をお持ちのご家族
  • 一家族最大4名様。対象試合1試合につき最大3家族をご招待
目的 試合に招待し、病気の苦しみ、張りつめた看病から一時的に解放し、安らぎを提供すること
実施時期 2017年10月から、シーズン中全9回の実施予定(実施回数は変更される可能性があります)
  • 1 運営会社:トヨタアルバルク東京株式会社(本社:東京都文京区、代表取締役会長 豊田 章男、代表取締役社長 林 邦彦)

お問い合わせ

日本財団 公益事業部 国内事業開発チーム

電話
03-6229-5254
メールアドレス
kodomo_kjk@ps.nippon-foundation.or.jp

Youtube Nippon Foundation TV

難病の子どもの支援や被災地における災害支援、国内外におけるハンセン病の制圧活動など、日本財団の活動を映像で紹介しています。

日本財団ブログ

「ソーシャルイノベーション探訪」をテーマに、日本財団やグループ団体、助成先団体の活動をお届けしています。

日本財団 Facebook ページ

日本財団の日々の活動をほぼ毎日お届けしています。

日本財団 Twitter

日本財団のTwitter公式アカウントです。イベントのお知らせやマスコミ掲載情報などを発信しています。

日本財団 メルマガ

助成金受付情報、ブログのご紹介、各種イベントのお知らせ等をお届けしています(毎週木曜配信)。

日本財団 Instagram

日本財団のInstagram公式アカウントです。職員目線の写真を日々アップしていきます。