門跡寺院が仲間入り、いろはにほん第2弾あなただけの文化体験、日本文化の真髄を体験する。

写真
滞在先の松林庵(しょうりあん)入り口

いろはにほんプロジェクトは、日本文化に興味をもつ外国人旅行客を主なターゲットに、原則非公開である寺院などの歴史的建造物に滞在しながら、他では経験できない限定的な文化プログラムを提供することで、日本文化の価値を発見・認識し、日本に対する理解と文化財に対する関心を、国内外ともに高めてもらうことを目的としています。また、利用料の一部は文化財保護プログラムに活用し、日本文化の保護継承に充てられます。

写真
松林庵(しょうりあん)

第1弾は日本文化の一つである「禅/ZEN」をテーマに、京都の5つのお寺にて運営を行っていました。第2弾となる今回は世界遺産にも認定されている門跡寺院(天皇を譲位し住職になられたお寺)である仁和寺が舞台になります。

通常拝観のできない文化財の鑑賞や、仁和寺に伝わる活花、宮廷文化である雅楽、和歌等も体験者のリクエストに合わせて提供されます。また、世界遺産仁和寺の御殿を一人占めすることも可能、仁和寺の持つ悠久の歴史と深遠な文化にふれることができます。

協力寺院一覧

寺院名 住所
真如寺(臨済宗大本山 相国寺 塔頭) 京都市北区等持院北町61
海宝寺(黄檗宗) 京都市伏見区桃山町正宗20
永明院(臨済宗大本山 天龍寺 塔頭) 京都市右京区嵯峨天竜寺芒ノ馬場町60
大慈院(臨済宗大本山 大徳寺 塔頭) 京都市北区紫野大徳寺町4-1
光雲寺(臨済宗大本山 南禅寺 塔頭) 京都市左京区南禅寺北ノ坊町59
仁和寺(真言宗 御室派総本山) 京都市右京区御室大内33

関連リンク

事業に関するお問い合わせ

日本財団 公益事業部 国内事業開発チーム

担当
高島、正木
電話
03-6229-5111
FAX
03-6229-5110
メールアドレス
cc@ps.nippon-foundation.or.jp

宿泊に関するお問い合わせ

総本山 仁和寺「松林庵」

担当
金崎、前田
電話
075-461-1155

Youtube Nippon Foundation TV

難病の子どもの支援や被災地における災害支援、国内外におけるハンセン病の制圧活動など、日本財団の活動を映像で紹介しています。

日本財団ブログ

日本財団やグループ団体、助成先団体の活動をお届けしています。

日本財団 Facebook ページ

日本財団の日々の活動をほぼ毎日お届けしています。

日本財団 Twitter

日本財団のTwitter公式アカウントです。イベントのお知らせやマスコミ掲載情報などを発信しています。

日本財団 メルマガ

助成金受付情報、各種イベントのお知らせ等をお届けしています。

日本財団 Instagram

日本財団のInstagram公式アカウントです。職員目線の写真を日々アップしていきます。