日本財団ネレウスプログラム 国際シンポジウムを開催ニューヨークタイムズのコラムニスト ポール・グリーンバーグ氏らが講演

日時:2017年12月21日(木)・22日(金)13:00~17:30(12:30受付開始) 場所:日本財団 2階大会議室(東京都港区赤坂1-2-2)

日本財団は12月21日(木)・22日(金)、海洋政策関係者・一般の方々を対象に、「日本財団ネレウスプログラム 海の限界シンポジウム」を開催します。

日本財団は、気候変動学や経済学など複数の分野や組織が一体となって“海の未来”を総合的に予測し、その対応や解決策を研究する「日本財団ネレウスプログラム」を2011年から実施しています。このたび、研究の成果を一般の方も含め広く理解していただくことを目的に「世界の海が限界に近づいているのではないか」とされる現状を科学的データを元に紹介し、私たちの生活や社会、食文化に至るまでどのような影響を及ぼし得るのかを2日間にわたって議論する国際シンポジウムを開催します。

シンポジウムでは、世界の8大学・研究機関(ハーバード、ワシントン、UBC、モントレー水族館など)の海の専門家や、ニューヨークタイムズのコラムニストで『鮭鱸鱈鮪 食べる魚の未来』の著者でもあるポール・グリーンバーグ氏らが、気候変動、水産資源管理、クロマグロ問題、食料安全保障、海に関する人権問題や環境メディア戦略について講演します。また、国連が定める海に関する持続可能な開発目標(SDGs:海は17のうちの14番目の目標として設定)の実施に関してネレウスが独自にまとめた「Climate Change and Social Equity: Nereus SDG report(気候変動と社会公正、ネレウスSDGレポート)」の詳細についても、レポートの配布と説明があります。

日本財団ネレウスプログラム 国際シンポジウム

日時 2017年12月21日(木)・22日(金)13:00~17:30(12:30受付開始)
場所 日本財団 2階大会議室(東京都港区赤坂1-2-2)
登壇者 笹川陽平(日本財団会長)、海野光行(日本財団常務理事)、ネレウス研究統括、ネレウスプログラム参加教授(8大学)、ゲストスピーカー(海洋作家)

シンポジウムに関するお問い合わせ

日本財団 海洋事業部

担当
有川(ありかわ)
電話
03-6229-5152

リリースに関するお問い合わせ

日本財団 コミュニケーション部

電話
03-6229-5131
FAX
03-6229-5130
メールアドレス
pr@ps.nippon-foundation.or.jp

Youtube Nippon Foundation TV

難病の子どもの支援や被災地における災害支援、国内外におけるハンセン病の制圧活動など、日本財団の活動を映像で紹介しています。

日本財団ブログ

日本財団やグループ団体、助成先団体の活動をお届けしています。

日本財団 Facebook ページ

日本財団の日々の活動をほぼ毎日お届けしています。

日本財団 Twitter

日本財団のTwitter公式アカウントです。イベントのお知らせやマスコミ掲載情報などを発信しています。

日本財団 メルマガ

助成金受付情報、各種イベントのお知らせ等をお届けしています。

日本財団 Instagram

日本財団のInstagram公式アカウントです。職員目線の写真を日々アップしていきます。