海洋エネルギー(石油・天然ガス)開発に関する国際連携プログラム設立 覚書締結式

日時:5月1日(火)11:00~11:30(現地時間)(受付:10:30~) 会場:Hotel Zaza 1階 Room Hemingway (5701 Main St, Houston, TX 77005)(米国テキサス州ヒューストン市)

日本財団は世界の石油会社を中心としたコンソーシアムDeep Starとの間で、海洋石油・天然ガス開発に関する連携技術開発プログラム設立について、下記の通り覚書を締結します。

日本財団では、石油・天然ガス、再生可能エネルギー、メタンハイドレード等、今後、成長が見込まれる海洋開発分野への我が国の参入を目指し、産学官との連携のもと、総合的な技術力の向上に向けた取り組みを進めております。

ヒューストンは、メキシコ湾における油ガス田開発の基地として発展し、世界の主要石油会社や関連企業が本拠を構え、海洋石油・天然ガス分野における世界の技術・人材の集積地となっています。日本財団では現地の大学と連携し、日本の大学生を対象とした海洋開発に関するサマースクールを開催するなど、ヒューストンとの連携を進めてきました。本プログラムは、これまでの取り組みを大きく進展させ、当該分野における石油会社等との技術開発にかかるグローバルな連携を構築する日本初の取り組みとなります。

覚書の締結は、世界最大の海洋石油ガスの展示会OTC(Offshore Technology Conference:4月30日~5月4日/ヒューストン/130カ国から9万人以上が参加/本年50周年)の開催に合わせて実施いたします。

覚書締結式

  1. 日時:2018年5月1日(火)11:00~11:30(現地時間)(受付:10:30~)
  2. 会場:Hotel Zaza 1階 Room Hemingway (5701 Main St, Houston, TX 77005)(米国テキサス州ヒューストン市)
  3. 参加者:国内外の石油会社、石油開発関連会社 等 70~80名
  4. 立会人:笹川 陽平(日本財団会長)
    John Obrien(Chevron R&D統括マネージャー)
    Horacio Licon(広域ヒューストンパートナーシップ Vice President)
  5. 署名人:海野 光行(日本財団常務理事)
    Shakir Shamshy(DeepStar Director)

お問い合わせ

日本財団 コミュニケーション部

電話
03-6229-5131
FAX
03-6229-5130
メールアドレス
pr@ps.nippon-foundation.or.jp

Youtube Nippon Foundation TV

難病の子どもの支援や被災地における災害支援、国内外におけるハンセン病の制圧活動など、日本財団の活動を映像で紹介しています。

日本財団ブログ

日本財団やグループ団体、助成先団体の活動をお届けしています。

日本財団 Facebook ページ

日本財団の日々の活動をほぼ毎日お届けしています。

日本財団 Twitter

日本財団のTwitter公式アカウントです。イベントのお知らせやマスコミ掲載情報などを発信しています。

日本財団 メルマガ

助成金受付情報、各種イベントのお知らせ等をお届けしています。

日本財団 Instagram

日本財団のInstagram公式アカウントです。職員目線の写真を日々アップしていきます。