水辺の事故に関する調査結果を発表 必要なのは「正しく知ること」海水浴客は年々減少傾向にあるが遊泳中の死亡事故は横ばい状態

日時:2018年7月7日(土)13:00~15:30 場所:日本財団ビル1階(東京都港区赤坂1-2-2)

日本財団は、「水辺の事故」に関して各庁や団体(海上保安庁、警察庁、日本ライフセービング協会)が発表しているデータをとりまとめ、分析を行いました。明らかになった主な結果は以下の通りです。

  • 過去5年間、毎年1,000名近くいる水難事故死亡者のうち、7割が「海」での死亡事故
  • 10歳未満~40代の海での死亡理由のトップは「溺水」。毎年1クラス分(約30人)の子どもが海で命を落としている
  • 事故は「晴れた日」「遊泳可能な海水浴場」「複数での行動」でも起きている
    飲酒して泳ぐ、遊泳禁止区域で泳ぐといった「NG行動」をとっていた人は4割にとどまる
  • 海水浴客は年々減少傾向にあるが遊泳中の死亡事故は横ばい状態
  • 【分析調査の使用データ】海上保安庁「海難の現況と対策(2012年~2016)」 / 警察庁「水難の概況(2012年~2016年)」 / 日本ライフセービング協会「Annual Report(2012年~2016年)」

「水辺の事故」調査分析結果(PDF / 2.24MB)

上記についての説明と対策の提言を2018年7月7日(土)に開催する「親子で学ぶ海のそなえ教室」で行います。また、当日は、子ども達にも海の安全に関して学んでもらいます。

親子で学ぶ海のそなえ教室開催スケジュール

日時 2018年7月7日(土)13:00~15:30
場所 日本財団ビル1階(東京都港区赤坂1-2-2)
内容 <第1部(13:00~13:20)>
  • データ分析に基づいた調査報告
    海野 光行(日本財団 常務理事)
<第2部(13:20~14:35)>
  • 「みらいへの一歩 子どもたちのために 子どもたちと一緒に」
    吉川 優子(一般社団法人吉川慎之介記念基金 代表理事)
  • 「自然を楽しむことは発見の連続~生命は自分で守ること~」
    吉川 隆(グローブライド株式会社 マネージャー)
  • 「海に生かされる子どもと地域」
    小野寺 愛(一般社団法人そっか 共同代表)
  • 「海辺での遊びで水難事故を避けるため知っておきたいこと」
    宇多 高明(なぎさ総合研究所 所長)
<第3部(14:45~15:15)>
  • 参加親子によるレクリエーション
    (第2部まで子どもは別室でライフジャケット着用などワークショップを受講)

お問い合わせ

日本財団 コミュニケーション部

電話
03-6229-5131
FAX
03-6229-5130
メールアドレス
pr@ps.nippon-foundation.or.jp

調査に関するお問い合わせ

日本財団 海洋チーム

担当
有川、宗近
電話
03-6229-5152

Youtube Nippon Foundation TV

難病の子どもの支援や被災地における災害支援、国内外におけるハンセン病の制圧活動など、日本財団の活動を映像で紹介しています。

日本財団ブログ

日本財団やグループ団体、助成先団体の活動をお届けしています。

日本財団 Facebook ページ

日本財団の日々の活動をほぼ毎日お届けしています。

日本財団 Twitter

日本財団のTwitter公式アカウントです。イベントのお知らせやマスコミ掲載情報などを発信しています。

日本財団 メルマガ

助成金受付情報、各種イベントのお知らせ等をお届けしています。

日本財団 Instagram

日本財団のInstagram公式アカウントです。職員目線の写真を日々アップしていきます。