福祉車両配備

地域で暮らすお手伝い~福祉車両を活用して地域へ出よう~

「福祉車両」とは、障害者や高齢者の地域生活を応援する為の車両です。私たちは以下のとおり、理想とする社会(ゴール)と、その為の活動指針(ミッション)を掲げ、これらに沿って福祉車両の配備事業を実施しています。

ゴール

私たちは、障害の有無や年齢にかかわらず、全ての人々が地域で豊かに暮らせる社会を目指します!

ミッション

  • 「仲間たちに会えるから、毎日さみしくない」(通所サービス)
  • 「いろんな人にありがとうって声をかけてもらえて、まちの中で働くって楽しい」(就労支援)

といった、障害者や高齢者の声に、福祉車両の配備を通して、応えていきます。
これらの声にこたえられる福祉車両として、日本財団は以下の事業を行っています。

車両の助成申請の受付は、車両を使用する福祉サービス及び車種により、申請時期が異なります。

  1. 福祉車両の整備(6月募集)
  2. 就労支援車両の整備・その他車両の整備(10月募集)

福祉車両の整備(6月募集)

申請受付期間:2018年6月15日(金)11:00~6月29日(金)17:00
車いす対応車2車種の中から希望の車両を選んでいただくラインナップ型です。
2017年度実績 申請3,382件 採択551件

  • 原則として申請は1法人(1団体)につき1台です。

対象事業:

  • 介護保険法に基づく事業、介護予防・日常生活支援総合事業(以下を除きます。特別養護老人ホーム、グループホーム等の居住施設及びこれらと同一敷地内にある通所等のサービス。
  • 障害者総合支援法に基づく事業(以下を除きます。就労継続支援A型・B型、就労移行支援及びこれら就労支援事業を含む多機能事業。施設入所支援、グループホーム等居住施設と同一敷地内にある通所等のサービス。
  • 児童福祉法に基づく事業のうち、障害児を対象にした事業
  • 移送サービス(※福祉タクシーを除く
  • 自治体単独事業・団体独自事業のうち、利用者の通所及び移動を目的にした事業
  • 以上の事業のうち、高齢者や障害者が地域で暮らすための通所サービス、移送サービスを優先します。

入所施設、グループホーム等居住施設は助成対象外です。
訪問・相談・配食サービス等で職員の移動のための車両は助成対象外です。

2018年度車両ラインナップ

1.【車いす対応車(軽自動車)】
車種
ホンダ/N-BOXスロープ
仕様
ガソリン/2WD AT/定員:車いす1名+2名/後部スロープ式/4WDオプション可
助成金額
970,000円
「車両メーカー連絡先」(見積・車両に関するお問い合わせ先)
車両販売会社(部署名)
本田技研工業(株)(法人営業部)
電話
048-452-0331
FAX
048-452-0872
担当
中村(6月1日午後より)
2.【車いす対応車(車いす2名)】
車種
日産/キャラバン
仕様
ガソリン/2WD AT/定員:8名+車いす2名/後部リフト式/4WDオプション可
助成金額
2,190,000円
「車両メーカー連絡先」(見積・車両に関するお問い合わせ先)
車両販売会社(部署名)
日産自動車販売(株)(東京法人第六グループ)
電話
03-5418-8630
FAX
03-5418-8623
担当
小倉(おぐら)博

障害者就労支援車両の整備・その他車両の整備(10月募集)

申請受付期間:2018年度の募集は終了しました。2019年度の募集時期は決定後公開いたします。

希望する車両を申請するオーダーメイド型です。

対象事業:

障害者総合支援法に基づく就労継続支援事業(A型・B型)及び就労移行支援事業
6月募集の対象事業のうち、利用者の送迎・移動を車両の使用目的としない事業

対象車種:

利用者の送迎または移動を目的としない運搬車両・特殊車両・改造車両
障害者の就労活動における、施設・作業場所間の移動を目的にした車両

10月申請募集の手続きについて知りたい方はこちら
現在公開されている情報は2018年度事業(2017年度募集分)のものです。本年度の募集要項は情報が決定後公開いたします。
2018年度実績 申請159件 採択33件

写真
移動販売車(アイス・軽食)
写真
作業用車(運搬)