18歳意識調査

日本財団は、「18歳」の若者を対象にしたインターネットアンケート調査を開始します。

2015年の改正公職選挙法で選挙権年齢が20歳から18歳に引き下げられ、翌年の参院選から新たに「18歳~19歳」が投票に参加しました。民法の改正に伴い2022年4月には成人年齢も18歳に変わります。

そこで日本財団は、18歳の若者が何を考え、何を思っているのか。家族、友人、恋人など身の周りの人たちとどんな人間関係を築き、社会と向き合おうとしているのか。継続的に調べる「18歳意識調査」をスタートさせます。次代を担う18歳が政治や社会、仕事、家族、友人、恋愛などをどのように考え、意識しているか、幅広く知ることで新しい社会づくりに役立てるのが狙いで、多くの社会課題に取り組む日本財団の事業にも調査結果を反映させたいと考えています。

当面10月から来年3月まで毎月2回、計12回を予定していますが、4月以降も継続し、18歳の意識を継続的に追跡する予定です。

毎回、「メディア」「性愛」「働く」「社会貢献」などさまざまな切り口からテーマを一つ設定して調査し、結果を社会に発信していきます。

調査結果一覧

第1回テーマ「18歳成人」について

対象 全国の17歳~19歳男女
回答数 800人
期間 2018年9月7日(金)~9日(日)

第2回テーマ「新聞」について

対象 全国の17歳~19歳男女
回答数 800人
期間 2018年9月21日(金)~9月23日(日)

調査結果の引用について

  • 調査結果の引用・転載時には「日本財団『18歳意識調査』調べ」と明記してください。
  • ウェブサイト上での転載・引用をされる場合は、クレジットに日本財団公式ウェブサイト(https://www.nippon-foundation.or.jp/)へのリンクをお願いいたします。

お問い合わせ

日本財団 コミュニケーション部

担当
橋本、坂本
電話
03-6229-5131
FAX
03-6229-5130
メールアドレス
pr@ps.nippon-foundation.or.jp