国連防災世界会議への働きかけ

写真:国連防災会議で演じられた劇

国際的に見ても防災における障害者の位置づけは十分ではありません。日本財団では2012年より、国内外の障害者団体と協力して障害者と防災をテーマとした国際会議に足を運び、国連機関や各国政府らにインクルーシブ防災の重要性を繰り返し訴えてきました。その結果、2015年3月に東北・仙台で開催された第3回国連防災世界会議において「仙台防災枠組2015-2030」が採択され、障害者が防災の重要なステークホルダーの一員として位置づけられました。また同会議に当事者として1人でも多くの障害者が参加できるよう手話通訳や要約筆記などの情報保障や、会場や交通機関のバリアフリーの実施も支援しました。

関連リンク