被災者支援拠点運営人材育成事業

写真:避難所生活を実際に体験する訓練の模様

東日本大震災では、震災発生時に助かった命が避難所生活の中で震災関連死により数多く失われました。そこで日本財団は、実践的な避難所の運営訓練を通して、避難所を適切に運営できる人材の育成を始めました。障害者や高齢者など、社会的弱者も含めた被災地のニーズを把握するほか、将来発生するニーズも予測し、必要なケアが手配できる人材を育成。「被災者支援拠点」としての避難所の役割が機能し、避難生活における被災者のリスクを減らすために取り組んでいます。

関連リンク