社会貢献企業基金

日本財団外観

中小企業のネットワーク化とSDGs達成のための取り組みを推進していきます。

概要

この取り組みへは日本財団に一口10万円~のご寄付を頂くことで、ご参加いただくことができます。お預かりしたご寄付は、その全額を災害復興支援、子ども支援、障害者支援、国際協力等の分野で日本財団が行なう様々な社会貢献活動に活用させて頂きます。

中小企業の皆さまと私たちが一体となって社会貢献活動に取り組むことにより、社会課題を行政または大企業に任せきりにするのではなく、「共助」によって支えあう「みんながみんなを支える社会」を創っていきたいと考えています。

この取り組みでは日本財団が取り組む社会課題解決と共に、下記3点を推進していきます。

アイコン
  • 中小企業同士のつながりの強化

アイコン
  • 中小企業のSDGsへの取り組みを促進

アイコン
  • 民間同士が助け合う共助の仕組みの構築

特典

寄付金額に応じて特典の内容が変わります。

  1. 10万円~100万円未満
  2. 100万円以上(特別会員)

1. ネットワークの構築

アイコン

SDGs等社会課題に関するセミナーへご招待します。
日本財団が主催する懇談会へご招待します。(特別会員)

2. 広報面での協力

アイコン

日本財団ウェブサイトや報告書等にて貴社名を記載させていただきます
寄付贈呈式を開催できます。(特別会員)

3. 使途のご報告

アイコン

ご寄付は事業に100%活用し、メルマガや年次報告書等でご報告します。
貴社宛ての個別報告書を作成します。(特別会員)

法人税の優遇措置

特定公益増進法人である日本財団への寄付金は、一定額を損金算入することができます。

特定公益増進法人に対する寄付金(特定寄付金)の損金算入限度額の計算式。 (資本金等の額×12分の当期の月数×1000分の3.75+所得の金額×100分の6.25)×2分の1。
  • 寄付金は、次のいずれか少ない金額を損金に算入することができます。
    ①日本財団に対する寄付金の合計額 ②特別損金算入限度額
  • 特定公益増進法人である日本財団への寄付金のうち、特定寄付金として損金算入されなかった金額は、一般寄付金として計算し求められる損金算入限度額内で損金に含めることができます。
  • 損金算入限度額は、その法人の資本や所得の金額によって変動します。お近くの税務署、税務相談室や税理士にご確認ください。

参加方法

ご寄付の振り込み及び領収書フォームへの登録をお願い致します。

ご寄付の入金

下記へご寄付の入金をお願い致します。

銀行名 三菱UFJ銀行(0005)
支店名 きよなみ(804)
口座番号 普通 2443204
口座名義(漢字) 公益財団法人日本財団
口座名義(カナ) ザイ)ニッポンザイダン

領収書フォームの登録

  1. 「今すぐ寄付する」をクリック
  2. 「銀行振り込みで寄付する」をクリック
  3. 「領収書フォーム」をクリック
  4. 画面の案内に沿って情報を入力し、送信を完了する

日本財団へのご寄付

皆さまからのご寄付は、子ども支援、災害復興支援、障害者支援、国際協力など日本財団が行なう様々な社会貢献活動に活用させていただきます。また、いただきましたご寄付は、間接経費に使うことなく100%支援に活用します。すべての事業について監査を実施しており、寄付者の皆さまにウェブサイト上の寄付レポートなどを通して報告をいたしております。

写真:寄付が使われる先のイメージ画像。左から、災害復興支援活動の様子、障害者就労支援施設の利用者様の様子、ファシリティドッグが難病児に寄り添う様子

「社会貢献企業基金」についてもっと詳しく知りたい場合はこちらをご覧ください

パートナー企業一覧

(社名五十音順、2022年6月30日現在)

お問い合わせ

日本財団 寄付総合窓口
社会貢献企業基金お問い合わせフォーム(外部リンク)

  • 電話:0120-533-236
  • 受付時間:平日 9:00〜17:00
  • メールアドレス:kifu@ps.nippon-foundation.or.jp

※お問い合わせの際は「社会貢献企業基金」の件とお知らせください。
※携帯電話のアドレスをご利用の場合、日本財団ドメイン @ps.nippon-foundation.or.jp が受信可能な設定にしていただきますようお願い申し上げます。