ニッポンの本を世界へ
世界の絆

「第1回東京国際文芸フェスティバル」開催!


「東京国際文芸フェスティバル」(日本財団主催)が3月1〜3日、東京都内の全8会場で開催された。日本で初めての本格的な国際文芸祭に、国内外から作家、詩人、漫画家、装幀家、編集者、翻訳者らが集まり、多くのファンとともに、文学に浸る時間を共有した。

2013.03.13

豪華ゲストの異色の顔あわせに文学ファン熱狂

日本財団では、日本の文芸作品を通じて現代の日本と世界とをつなげるさまざまな取り組みを続けてきた。今回の「東京国際文芸フェスティバル」(文芸フェス)は、これまでの取り組みの集大成として企画されたもの。3日間で17のセッションが開かれ、予約開始から間もなく全プログラムが満席となった。

写真 日本からは池澤夏樹さん、綿矢りささん、平野啓一郎さん、川上未映子さんの芥川賞受賞者のほか、角田光代さん、古川日出男さんら人気作家が顔をそろえた。海外からは、2003年にノーベル文学賞を受賞したJ.M.クッツェーさん、2008年に『オスカー・ワオの短く凄まじい人生』でピューリッツアーを受賞したジュノ・ディアスさんら、世界中で注目される作家が数多く来日。また、開幕直前になってジュノ・ディアスさんも大ファンだという漫画家の浦沢直樹さんの参加も決定し、2人の対談が実現した。クッツェーさんの未発表の新作『イエスの幼子時代』が、作者自身の朗読によって世界で初めて披露されたことも大きな話題になった。

写真

「本について皆で話そう」というサブタイトルの通り、各セッションの出演者は、国籍や職種がさまざまなメンバーで構成されており、組み合わせの違いや、テーマの違いなどから、いつもとは違う作家の素顔も垣間見ることができ、ファンにとっては大満足の3日間だった。

文芸作品を通じて日本と世界をつなぐ

写真 『池澤夏樹個人編集・世界文学全集』(河出書房新社)を完成させた作家の池澤夏樹さんは、会期中のさまざまなセッションに参加。最終日のセッションでは文芸フェス開催の意義について次のように語っていた。 「近年、世界の文学で共通点と呼べるものが増えているように感じている。そうした中で、世界中の文学者たちが交流し、お互いの声を聞き、議論をする中で、新しい何かが生まれてくる。今回もクッツェーさんの朗読を聞くことができましたが、生の声から何か分かることがあります。そうした素朴な喜びも含めて、多くの成果があった3日間でした」

国籍も言語の違いも越えて感動を共有できる文芸作品の可能性を示した文芸フェス。海外の作家、出版関係者とのネットワークも強化され、現代の日本が海外へ発信される可能性もさらに広がった。文芸フェスは来年以降も開催予定で、日本財団では、今後も世界と日本をつなげる文学を応援する取り組みを続ける方針だ。

写真

プログラム

3月1日(金)

「オタクのための恋愛入門」(東京大学本郷キャンパス)
綿矢りさ、ジュノ・ディアス、都甲幸治(モデレーター)

「言葉」「愛」「記憶」(東京大学本郷キャンパス)
ニコール・クラウス、川上未映子、デボラ・トリースマン、マイケル・エメリック(モデレーター)

「Keynote Readings」(六本木アカデミーヒルズ)
プロローグ:池澤夏樹
朗読:J.M.クッツェー、谷川俊太郎

「都市」「物語」「再生」(六本木アカデミーヒルズ)
ジョナサン・サフラン・フォア、デイヴィッド・ピース、川上未映子、柴田元幸(モデレーター)

3月2日(土)

「装幀道場」(Rainy Day Bookstore & Café)
チップ・キッド

「ヒトとブンカが出会う場所」(ゲンロンカフェ)
東浩紀、クリス・グリブル、ケイト・グリフィン、幅允孝、市川真人(モデレーター)

「翻訳について語るときに我々の語ること」(国際文化会館)
小野正嗣、マイケル・エメリック、レクシー・ブルーム、柴田元幸(モデレーター)

「いつも旅の中」(国際文化会館)
角田光代、ピコ・アイヤー、ジェフ・ダイヤー、ジョン・フリーマン(モデレーター)

「サプライズ・セッション with“ 読書のフェス”」(SuperDeluxe)
DJみそしるとMCごはん、菅原敏、温又柔

「オール・ザット・ジャズ」(SuperDeluxe)
平野啓一郎、ジェフ・ダイヤー、松家仁之(モデレーター)

「朗読劇『銀河鉄道の夜』」(SuperDeluxe)
古川日出男、管啓次郎、小島ケイタニーラブ、柴田元幸(映像・河合宏樹)

3月3日(日)

「モンスターたちのいるところ」(早稲田大学)
浦沢直樹、ジュノ・ディアス、円城塔(モデレーター)

「走行中の都電での『その場小説』」(都電荒川線)
いしいしんじ

「これからの本の話をしよう」(早稲田大学)
チップ・キッド、ジョナサン・サフラン・フォア、市川真人(モデレーター)

「想像力の中のTokyo」(早稲田大学)
ジュノ・ディアス、デイヴィッド・ピース、古川日出男、デボラ・トリースマン(モデレーター)

「越境する文学」(早稲田大学)
ジョン・フリーマン、池澤夏樹、ニコール・クラウス、市川真人&辛島デイヴィッド(モデレーター)

「Closing Reading」(早稲田大学)
朗読:J.M. クッツェー、日本語朗読:谷原章介
イントロダクション:鴻巣友季子

写真

最新記事

その他の特集

タイプ別アーカイブ