2025年における社会的見守りを考えるシンポジウム開催(参加費無料)~これからの住まいとケアを語る~

日時:2020年3月27日(金)13:00~17:00(12:00開場)
場所:日本財団ビル2F(東京都港区赤坂1-2-2)

日本財団は、超高齢社会のなかで起きているさまざまな問題が、どうすれば望ましいものになるのか、その現状と課題、展望について、それぞれの専門家からの声を聴きながら、考えるシンポジウムを開催します。

シンポジウム概要

基調講演(40分)

『地域での暮らしと看取り ~宮崎市での実践~』
宮崎かあさんの家 理事長/全国ホームホスピス協会理事長 市原美穂氏

事例発表(各30分)

  1. よしだ福祉会、みまき福祉会、庄川福祉会からの報告
    ケアポートよしだ 錦織みゆき氏
    『老人福祉施設30年間の歩みと2025年に向けた人材育成』
  2. (株)シルバーウッド代表取締役 下河原忠道氏からの報告
    『銀木犀の日常 ~思わず住みたくなる老後の家~』
  3. (株)あおいけあ代表取締役 加藤忠相氏からの報告
    『要介護度が改善する、ケアの方法 ~壁をとりはらい地域に開く介護のスタイル~』

パネルディスカッション

『2025年における第二の我が家』

  • (株)あおいけあ代表取締役 加藤忠相氏
  • ケアポートよしだ 錦織みゆき氏
  • (株)シルバーウッド代表取締役 下河原忠道氏
  • 全国ホームホスピス協会理事長 市原美穂氏

別添:シンポジウムちらし(PDF / 1MB)

参加お申し込み方法

下記ホームページよりお申し込み下さい。

お問い合わせ

シンポジウム運営事務局

  • 担当:近野
  • 電話:03-3516-7813(月〜金 10:00〜17:00、祝祭日を除く)
  • メールアドレス:symposium@qbs.co.jp