「ゆいごん大賞」決定のお知らせ本音が見える「つぶやき」、今の時代だから泣ける「手紙」も発表

日本財団は、遺言に対する社会的な理解を深めることを目的に2016年12月5日から2017年2月5日までの間、ゆいごんをテーマに川柳、つぶやき、手紙の3部門で作品を募集しました。このたび、5,868作品の応募作品の中から厳正なる審査の結果、「ゆいごん大賞」が決定しましたのでお知らせします。
受賞作品には、人生の終焉を迎える真摯な気持ちが表現された作品や、短い言葉で時代を映し、本音を語る秀作が揃いました。
大賞ほか入選作品は「遺言の日.jp」ウェブサイト外部サイトで公開しています。

受賞作品

ゆいごん大賞(川柳)

「ゆいごんは 最後に書ける ラブレター」
(ペンネーム:さごじょう 34歳)

(選評)遺言を恋文と同格にするのは思案のしどころだが、「最後に書ける」が本人しか書けないことを強調している点が目立つ、と高く評価されました。

入賞・佳作作品

  1. 川柳の部:入賞3作品、佳作5作品
  2. つぶやきの部:入賞10作品
  3. 手紙の部:入賞3作品、佳作5作品

関連リンク

お問い合わせ

日本財団 コミュニケーション部

担当
飯澤
電話
03-6229-5131
FAX
03-6229-5130
メールアドレス
pr@ps.nippon-foundation.or.jp

Youtube Nippon Foundation TV

難病の子どもの支援や被災地における災害支援、国内外におけるハンセン病の制圧活動など、日本財団の活動を映像で紹介しています。

日本財団ブログ

「ソーシャルイノベーション探訪」をテーマに、日本財団やグループ団体、助成先団体の活動をお届けしています。

日本財団 Facebook ページ

日本財団の日々の活動をほぼ毎日お届けしています。

日本財団 Twitter

日本財団のTwitter公式アカウントです。イベントのお知らせやマスコミ掲載情報などを発信しています。

日本財団 メルマガ

助成金受付情報、ブログのご紹介、各種イベントのお知らせ等をお届けしています(毎週木曜配信)。