プロジェクト

日本財団の様々な取り組みの中でも、特別にプロジェクトとして立ち上げ活動を行っているものを紹介します。

日本財団子どもサポートプロジェクト

日本財団が行う子ども支援事業を一体化し「日本財団子どもサポートプロジェクト」を発足。子どもの貧困問題を中心に、特別養子縁組支援、難病児支援や施設出身者への奨学金支援等を行います。
子ども・若者の未来

プロジェクト一覧

  • 遺贈寄付

    日本財団遺贈寄付サポートセンターは、未来の社会のために、遺言書によって自分の遺産を寄付する「遺贈」を希望される方をサポートしています。

  • 日本財団ブログ

    日本財団コミュニケーション部では、ブログ「ソーシャルイノベーション探訪」で、日本財団はじめ社会課題の解決に努力するNPOやボランティアの活動をお伝えしています。

  • CANPAN

    市民活動に取り組む方々の情報発信をお手伝いすることを目的にしたWebサイトです。

  • Live to Contribute ~インクルーシブな社会へ向けた取り組み~

    潜在能力の高い障害者がその才能を開花させて社会に勇気と感動を与え、社会をリードしていけるようなインクルーシブな社会の実現に向けて、革新的な支援を行っています。

  • 福祉車両配備

    障害者や高齢者の地域生活を応援するための車両である福祉車両の配備事業を実施します。

    あなたのまちづくり
  • 新しい障害者就労支援「はたらくNIPPON!計画」

    地域に根ざした新事業を全国につくりだす「モデル構築プロジェクト」と、障害者就労について全国のみなさんと議論する「就労支援フォーラムNIPPON」、この2つを大きな柱として、障害者の「はたらく」を全力で応援します。

    あなたのまちづくり
  • 鳥取県×日本財団共同プロジェクト「日本一のボランティア先進県」

    日本の人口が減少し、高齢化が加速していく中、社会保障負担の軽減を見据え、日本財団と鳥取県は連携して「地方創生のモデル」づくりに取り組みます。

    あなたのまちづくり
  • New Day基金プロジェクト

    東北の歴史や文化、人々が大切にしてきたものを継承し、新たな価値観を生み出すため、チャリティオークションの売上金をもとに設置されたNew Day基金を活用します。

    あなたのまちづくり
  • 青パト配備

    犯罪を防ぐだけでなく、まちづくりの一環としても役にたっている防犯パトロール用の青パト購入のための助成を行っています。

    あなたのまちづくり
  • 学校等の防災林植樹プロジェクト

    根を強く張ることから揺れに強く、水分を多く含むため火防木の効果もある照葉樹林を活用して、防災を目的とした植樹に対し支援を行います。

    あなたのまちづくり
  • 預保納付金支援事業

    振り込め詐欺救済法に基づき、犯罪被害者等の子どもへの奨学金貸与および犯罪被害者等を支援する団体への助成を実施しています。

    あなたのまちづくり
  • WORK FOR 東北

    日本財団がハブとなり、官民連携での被災地復興のための人材支援を促進し、日本のまちづくりモデルを築きます。

    あなたのまちづくり
  • 日本財団いのち支える自殺対策プロジェクト

    日本では、2015年に2万4,025人が自殺で亡くなっています。日本財団は、生きることの包括的な支援としての自殺対策を推進しています。

    みんなのいのち
  • 平成28年熊本地震への支援

    「平成28年熊本地震」は、熊本市内を中心に、九州全域に大きな被害をもたらしています。日本財団は被災地域に対し、復興支援活動を行います。支援活動とあわせて、募金も開始し、幅広い協力を呼びかけています。

    みんなのいのち
  • 災害復興支援特別基金

    今後、甚大な被害が懸念される首都直下型地震や南海トラフ巨大地震をはじめとして、大規模災害が発生した際の緊急支援に対応するための特別基金を設立しました。

    みんなのいのち
  • 復興支援ROADプロジェクト

    みなさまからのご寄付や救援物資を活用して、そして共に被災地で活動を行うNPOと連携することで、災害救援から復興支援まで幅広い活動に取り組んでいます。

    みんなのいのち
  • 日本財団在宅看護センター起業家育成事業

    地域に根差した在宅看護サービス事業所を運営、経営できる看護師を育成し、全国200カ所での「日本財団在宅看護センター」開設が目標。看護師の力で社会課題を解決します。

    みんなのいのち
  • ホスピス・プログラム

    ホスピス緩和ケア充実のための活動として、その人らしい最期を支える取り組みを推進しています。

    みんなのいのち
  • 被災地で活動した芸能人ベストサポート

    被災者を勇気づけ、復興支援活動に精力的に取り組まれてきた多くの芸能人の方々の代表として、「被災地で活動した芸能人ベストサポート」として10人(組)を表彰しました。

    みんなのいのち
  • Let's Tree基金

    韓国人気俳優のイ・ソジンさんと日本財団が共同で創設したチャリティ基金です。社会問題の解決を国境を越えて取り組むことで日韓の友好を深めることを目指します。

    みんなのいのち
  • 夢の貯金箱

    寄付により“世のため 人のため”に役立ちたい、という皆さまの『夢』をかなえる貯金箱です。寄付をする方、受ける方、みんなが温かい気持ちになることが私たちの願いです。

    みんなのいのち
  • ママプロ

    ”ママの笑顔を増やすプロジェクト”としてママの「あって良かった、いて良かった」を次世代につなげる活動に取り組んでいます。

    みんなのいのち
  • 日本財団夢の奨学金

    2016年にスタートした給付型奨学金制度。事情があって実の家族と暮らせなかった、「社会的養護」出身の若者たちを支援します。

    子ども・若者の未来
  • 学生ボランティア活動

    学生ボランティアが中心となり、スキルや経験を蓄積しながら社会に貢献する活動を支援します。

    子ども・若者の未来
  • 日本財団学生ボランティアセンター (Gakuvo)

    20年後の社会を見据えた活動を展開し、時代の「一歩先」を目指し、学生のボランティア活動を支援します。

    子ども・若者の未来
  • 財団職員出前授業

    公益分野における経験に基づくノウハウを用い、学校側のニーズに合わせながら、「問題解決のために行動する人」を育てる授業を、無償で提供します。

    子ども・若者の未来
  • 歯の妖精「TOOTH FAIRY」プロジェクト

    全国の歯科医師のみなさまと一緒に取り組んでいる社会貢献活動です。歯科治療や入れ歯に使う金などの金属をリサイクルした資金で、子どもたちの支援を行っています。

    子ども・若者の未来
  • 日本ベンチャーフィランソロピー基金

    中長期の資金提供とビジネス・スキルを活用した経営支援を通じて社会的事業を育成・支援しています。

    子ども・若者の未来
  • ハッピーゆりかごプロジェクト

    生みの親が育てることのできない子どもたちが特別養子縁組や里親制度により愛情のある家庭で育つことのできる社会を目指します。

    子ども・若者の未来
  • 異才発掘プロジェクト ROCKET

    突出した能力はあるが、現状の教育環境に馴染めず不登校傾向にある小・中学生を選抜し、継続的な学習保障及び生活のサポートを提供します。

    子ども・若者の未来
  • 子どもの貧困対策

    日本財団は、未来の日本を担う子どもたちの将来が生まれた家庭環境によって左右されることのないよう、子どもの貧困対策に積極的に取り組みます。

    子ども・若者の未来
  • 日本に伝わる文化への支援

    伝統文化にかかわる人材の育成や、子どもたちへの伝統文化の普及浸透に向けた活動を支援するほか、新たな伝統文化を生み出す事業を展開します。

    豊かな文化
  • パラリンピック支援

    障害者が持てる機能を最大限に発揮して、熱い闘いを繰り広げるパラリンピック。2020年の東京大会に向け、競技団体とパラリンピアンの支援に、さまざまな角度から取り組みます。

    豊かな文化
  • アール・ブリュット支援

    パリで高い評価を得た日本のアール・ブリュット作品を所蔵し、美術作品として相応しい展覧会への出展と、古民家・蔵を改修した美術館の整備などに取り組んでいます。

    豊かな文化
  • ランチタイムコンサート

    若手演奏家への発表機会提供のため、昼休みの時間帯に日本財団ビルにて無料コンサートを開催しています。出入り自由のカジュアルなロビーコンサートです。

    豊かな文化
  • 海と日本プロジェクト

    海を未来へ引き継ぐアクションの輪を広げていくため、日本財団や政府の旗振りのもと、オールジャパンで推進するプロジェクトです。

    海の未来
  • 日本財団 オーシャンイノベーションコンソーシアム

    海洋開発市場で必要とされる実践的技術やノウハウを持った海洋開発技術者の不足が懸念される中、海洋開発技術者の育成に向けた取り組みをオールジャパンで推進します。

    海の未来
  • 海・船にかかわる活動

    次世代に豊かな海を引き継ぐために、人材の育成、海洋の利用と環境保全の調和を図る活動や産官民学等の多様な関係者との連携を推進します。

    海の未来
  • 海洋関連の学際的な講座設置

    新世紀を拓く深海科学リーダーシッププログラムなど、海に関する研究者などの人材育成を行います。

    海の未来
  • マラッカ・シンガポール海峡の安全航行支援

    マラッカ・シンガポール海峡での事故を未然に防ぐために、灯台の設置や航路標識の整備、人材育成など幅広い支援をしています。

    海の未来
  • 造船所の見学会プロジェクト

    地域住民にもあまり知られていない造船所について、物づくりの素晴らしさを伝え、大切な産業である造船について知っていただく活動を推進します。

    海の未来
  • 渚の交番プロジェクト

    海辺の様々な活動、活動に係る人そして情報を横断するような拠点である「渚の交番」の設置に取り組んでいます。

    海の未来
  • 海洋関係奨学プログラム

    世界が直面する様々な海洋問題を解決する人材の育成に対し、奨学金を提供しています。

    海の未来
  • 造船貸付事業

    造船業や関連産業を営む方々に対して、経営基盤の強化や造船・関連産業の発展を目的に、低利の融資制度を実施しています。

    海の未来
  • ハンセン病〜病気と差別をなくすために〜

    医療面での制圧活動とともに、社会的差別の問題を人権問題として重要視し、患者・回復者とその家族の尊厳の回復を目指す活動に取り組んでいます。

    人間の安全保障
  • 国立ハンセン病資料館

    日本財団は2016年4月1日、「国立ハンセン病資料館」(東京都東村山市)および「重監房資料館」(群馬県草津町)の管理運営を厚生労働省から受託しました。

    人間の安全保障
  • 海外における障害者支援

    障害の社会モデルを基盤として、開発途上国の障害者支援に取り組んでいます。

    人間の安全保障
  • 伝統医療活用プロジェクト

    モンゴルでの置き薬プロジェクトなどの実践活動を通じて、伝統医療を活用したプライマリーヘルスケアの推進に取り組んでいます。

    人間の安全保障
  • ミャンマー支援プロジェクト

    1976年にハンセン病患者への医療支援活動を開始して以来現在までに、日本財団はミャンマーで累計約70件の支援プロジェクトを実施。2011年以降は民主化の動きに合わせ平和構築支援等さらに活動を強化しています。

    人間の安全保障
  • 日本財団国際フェローシップ

    公益に資する分野の若手研究者・実務者・行政関係者に、海外の研究・教育機関などで更なる研鑽を積む機会を提供するフェローシップ制度です。

    世界の絆
  • 私たちが薦める100冊プロジェクト

    海外のオピニオン・リーダーや知識層(非日本専門家)の現代日本の実情理解促進を目的に、日本に関する英文図書を100冊厳選し、海外の団体や個人に寄贈する事業です。

    世界の絆
  • 国際関係奨学プログラム

    地域社会や国際社会のリーダーとなる人材の育成と、相互理解の促進及び国際的ネットワークの構築を目指した奨学金事業を実施します。

    世界の絆
  • 東京国際文芸フェスティバル

    日本で初めての本格的な国際文芸祭として、国内外の著名な小説家や詩人などが東京に集結し、2013 年より開催しています。

    世界の絆
  • ミャンマースポーツプロジェクト

    ミャンマー代表VSセレッソ大阪のチャリティマッチをミャンマーで開催し、協賛金の一部で少数民族地域、農村地域の子どもたちにスポーツ・教育支援を行います。

    世界の絆