芸術やスポーツで豊かな社会を
豊かな文化

六本木ヒルズに檜舞台が出現! 大盛況「にっぽん文楽」初公演


高度な芸術性を持つ日本が誇る伝統芸能で、世界無形文化遺産にも登録されている人形浄瑠璃・文楽。その魅力を再認識するとともに、幅広い層に知ってもらうために、日本財団は「にっぽん文楽プロジェクト」を立ち上げた。その初公演が東京・六本木ヒルズアリーナで4日間行われ、全公演の前売り券が完売し、観客動員数は約2千人という大成功で幕を閉じた。公演の目玉となった移動自由の「組み立て式舞台」の施工・設置風景から、お客さんが飲食しながら楽しんだ公演本番の様子まで、密着取材した動画と写真で振り返る。

2015.05.08

「にっぽん文楽」プロジェクトの概要はこちらをご覧ください。
>Story 飲みながら、食べながら、野外で文楽を楽しむ

にっぽん文楽 in 六本木ヒルズ

2015年3月19-22日 昼・夜計8回公演(19日夜の部のみ雨天中止) 観客動員数:約2千人

写真 写真 写真 写真 写真 写真 写真 写真 写真 写真 写真 写真 写真 写真 写真 写真 写真 写真 写真 写真

動画撮影・編集:染瀬 直人
写真:三輪 憲亮 他