ホーム 日本財団とは 会長メッセージ

会長メッセージ

「想う」だけでは変わらない。

2011年3月11日に発生した地震と大津波は、多くの人々から愛する家族や大切な友人、生きる希望や夢を一瞬にして奪い去りました。この惨状に日本人のみならず世界中の人々がショックを受け、大きな悲しみに包まれました。

そしてその悲しみはたちまち被災者への想いとなり、自分にできることをしようと一人一人が立ち上がったのです。被災地でがれきの片付けや炊き出しをする人、寄付や支援物資を送る人。このように「想い」を「行動」に移し、互いに力を合わせることで苦難を乗り越えるという経験を私たち日本人は共有することができたのです。

この震災の経験はある大きな変化をもたらしました。ほんの少し勇気を出して行動したことで出会えた笑顔、聞こえた本音、そして感謝の言葉が、支援者の心をさらに動かし始めたのです。やがて、「高齢者や障害者を支えたい」「世界の貧しい子どもたちを救いたい」「地域をもっと元気にしたい」という声が至るところから聞こえてくるようになりました。

その一方で、その「想い」を「行動」に移すことの難しさ、もどかしさも同時に感じているのではないでしょうか。「時間がない、情報がない、きっかけがない」という現実的な壁が皆さんの前に立ちはだかっているのも事実です。また、「他の誰かがやってくれるだろう」「自分にできることなんてたかが知れている」という思い込みによって、一歩を踏み出す機会を失っているのかもしれません。

だからこそ、日本財団は「社会のために何かをしたい」という皆さんの想いや意欲をカタチにできるような仕組みづくりに力を注いでいきます。そして、様々な社会課題に対し、我々の知識・経験・人材を余すことなく駆使し、最善の解決策を提案していきます。「みんながみんなを支える社会」の実現を目指して、日本財団は皆さんとともに歩んでいきます。

日本財団
会長 笹川陽平

Copyright © 2001-2014 The Nippon Foundation