活動理念

痛みも、希望も、未来も、共に。

一つの地球に生きる、一つの家族として。
人の痛みや苦しみを誰もが共にし、「みんなが、みんなを支える社会」を日本財団はめざします。

市民。企業。NPO。政府。国際機関。
世界中のあらゆるネットワークに働きかけます。
知識・経験・人材をつなぎ、ひとりひとりが自分にできることで社会を変える、ソーシャルイノベーションの輪をひろげていきます。

活動指針

  • Discover

    私たちは、世の中の変化を兆しのうちに発見し、新たな問題解決にいちはやく取り組みます。

  • Prioritize

    私たちは、「いま、どこで、何が求められているか」を常に把握し、最も優先すべきニーズにこたえます。

  • Be creative

    私たちは、前例にとらわれず、あらたなプロジェクトを創造し、社会をよりよくする新しい仕組みをつくります。

  • Do it now

    私たちは、失敗を恐れることなく、あらゆる問題に対して速やかに決断し、行動します。

  • Be open

    私たちは、常にオープンに情報を開示し、社会の声をとりいれ、開かれた組織でありつづけます。

  • Grow

    私たちは、常に自らを評価し、自らを教育していくことで、ソーシャルイノベーションを生みだしていく能力、活動の質を高めます。

  • Expand networks

    私たちは、問題意識をもつ人々や団体とのネットワークをひろげ、つなぎ、社会に大きなうねりをつくります。