【参加者募集】ハンセン病問題に関するシンポジウム人権フォーラム2017 in 兵庫

日時:2017年2月4日(土)13:00~16:30(12:30開場) 場所:神戸文化ホール 中ホール(兵庫県神戸市中央区楠南4-2-2)

ハンセン病やエイズなどに対する正しい理解を深め、差別や偏見がなく、全ての人が「共に生きる」、より良い社会づくりに貢献することを目的に、シンポジウムを開催します。下記概要をご覧のうえ、ぜひご参加ください。

「人権フォーラム2017 in 兵庫」開催概要

日時 2017年2月4日(土)13:00~16:30(12:30開場)
場所 神戸文化ホール 中ホール(兵庫県神戸市中央区楠南4-2-2)
主催 厚生労働省、法務省、兵庫県、全国人権擁護委員連合会
共催 神戸地方法務局/兵庫県人権擁護委員連合会/全国ハンセン病療養所入所者協議会/ハンセン病違憲国賠訴訟全国原告団協議会/ハンセン病違憲国賠訴訟全国弁護団連絡会/HIV人権ネットワーク沖縄/公益財団法人日本財団(順不同)
参加方法 予約不要。入場無料。どなたでも入場いただけます(定員約600人)。
  • 手話通訳・要約筆記あり。点訳資料が必要な方はご人数をお知らせください。
  • 団体(10人以上)の場合は、2017年1月27日(金)までに、下記PDFの2枚目に必要事項をご記入の上、事務局宛にFAXにてお送りください。
ハンセン病問題に関するシンポジウム詳細(PDF/1.3MB)
プログラム
  • オープニング
    親和中学校・親和女子高等学校 コーラス部
  • 主催者代表あいさつ
    厚生労働省、兵庫県
  • パネルディスカッション
    コーディネーター/黒尾和久(国立ハンセン病資料館 学芸部長)
    パネリスト/屋猛司(邑久光明園入所者自治会 会長)、宮良正吉(ハンセン病関西退所者原告団いちょうの会 会長)、加藤めぐみ(社会福祉法人恩賜財団大阪府済生会 ハンセン病回復者支援センター コーディネーター)、大槻倫子(弁護士)、長谷川亜衣加・三河みずき(大手前大学 総合文化学部 2年)
  • 演劇
    「光りの扉を開けて」/沖縄の子どもたちが演ずる感動作
  • フィナーレ(大合唱)

関連リンク

お問い合わせ

ハンセン病問題に関するシンポジウム事務局(神戸国際ステージサービス株式会社内)

電話
078-230-3310
平日
10:00~18:00(12:00~13:00を除く)
FAX
078-251-9699
メールアドレス
hansen-hyogo@kiss4u.co.jp

Youtube Nippon Foundation TV

難病の子どもの支援や被災地における災害支援、国内外におけるハンセン病の制圧活動など、日本財団の活動を映像で紹介しています。

日本財団ブログ

「ソーシャルイノベーション探訪」をテーマに、日本財団やグループ団体、助成先団体の活動をお届けしています。

日本財団 Facebook ページ

日本財団の日々の活動をほぼ毎日お届けしています。

日本財団 Twitter

日本財団のTwitter公式アカウントです。イベントのお知らせやマスコミ掲載情報などを発信しています。

日本財団 メルマガ

助成金受付情報、ブログのご紹介、各種イベントのお知らせ等をお届けしています(毎週木曜配信)。