福祉車両配備

地域で暮らすお手伝い 〜福祉車両を活用して地域へ出よう〜

「福祉車両」とは、障害者や高齢者の地域生活を応援するための車両です。私たちは以下のとおり、理想とする社会(ゴール)と、そのための活動指針(ミッション)を掲げ、これらに沿って福祉車両の配備事業を実施しています。

ゴール

私たちは、障害の有無や年齢にかかわらず、すべての人々が地域で豊かに暮らせる社会を目指します!

ミッション

  • 「介護を受けるなら、住みなれた我が家がいい」(在宅サービス)
  • 「仲間たちに会えるから、毎日さみしくない」(通所サービス)
  • 「いろんな人にありがとうって声をかけてもらえて、まちの中で働くって楽しい」(就労支援)

といった、障害者や高齢者の声に、福祉車両の配備を通して、応えていきます。

これらの声にこたえられる福祉車両として、日本財団は以下の事業を行っています。

障害者の就労や、障害者・高齢者の地域生活を支援します

福祉車両の整備(6月募集)

申請受付期間:2014年6月16日(月)11:00~6月27日(金)17:00

車いす対応車、幼児用バス、冷蔵機能付きの移動販売車両など9車種の中から希望の車両を選んでいただくラインナップ型です。

障害者の就労を支援します

10月募集

申請受付期間:2013年10月1日(火)11:00〜10月31日(木)17:00(募集終了)

福祉車両の整備(6月募集)では対応できない特殊な車両を対象にしたオーダーメード型です。
申請される団体様が希望する車両を申請する事が出来ます。
6月の募集で対応可能な車両は対象となりませんのでご注意ください。
10月申請募集の手続きについて知りたい方はこちら
2014年度実績 申請73件 採択28件

  • 移動販売車(妖怪焼き)

  • 移動販売車(パン・菓子)

Copyright © 2001-2014 The Nippon Foundation