インパール平和資料館支援事業

世界の絆
写真
インパール平和資料館外観

今年で75周年を迎えるインパール作戦は、第二次世界大戦の中で最も凄惨な作戦の一つであったと同時に、インド独立のきっかけとなったともされています。インパール作戦の激戦区となったレッド・ヒルと呼ばれる場所には、1994年に当時の厚生省による戦没者慰霊事業としてインド平和記念碑が建立されていますが、この地で多くの兵士が命を落としたことを知る人は少なくなってきています。現地に残されている遺品や資料なども、個人的に収集されている方もいますが、多くは散逸したままで、時間と共に忘れ去られようとしています。

インパール作戦の記録の保存、そして75周年を迎える当該作戦による日印両国の友好関係の深化を願い、日本財団はインパール現地にて「平和と和解」をテーマにした資料館の建設を支援、2019年6月22日オープニングセレモニーを行いました。

写真
式典当日、笹川会長による挨拶
写真
安倍首相による揮毫のご寄贈。左から日本財団笹川陽平会長、在インド日本大使館 平松賢司大使、マニプール州政府 カラム・シャム大臣、在インド英国高等弁務官事務所 ドミニク・アスクイス弁務官。
写真
資料館内観 入口
写真
資料館展示の様子
写真
資料館展示の様子
写真
資料館内観:「戦争」セクションにおける展示品
写真
資料館内観:「文化」セクションにおける展示品
写真
資料館内観:「文化」セクションにおける展示品

この資料館の運営にあたり、資料館にて展示・保存するための資料のご提供ならびに寄付金を現在募集しています。

募集内容

1.資料等のご提供(受付期間:2020年2月29日まで)

インパール現地には日本の資料が少なく、多くが英語(イギリス側)の資料となっています。日本側の資料や写真など、無償でご提供いただきたく存じます。ご提供いただける資料をお持ちの方は、cc@ps.nippon-foundation.or.jpまで、件名を「インパール平和資料館」と記載のうえ、ご連絡ください。もしくは、03-6229-5111(日本財団コールセンター)宛てに、「インパール平和資料館への寄贈について」と申し付け下さい。詳細を伺ったのち、担当者より受け取り方法など、折り返し連絡させていただきます。ご提供いただいた資料等につきましては、当財団経由で、現地の資料館にて展示・保存いたします。

なお、資料をご提供いただくにあたり、「資料等寄贈同意書」も一緒にお送りいただくことになります。また、インパール平和資料館と当財団の判断によりお断りさせていただく場合もございますが、予めご了承ください。

写真
ご寄付頂いた展示品の一部
写真
 ご寄贈頂いた展示品の一部
写真
展示された寄贈品
写真
展示された寄贈品

2.インパール平和資料館特別基金へのご寄付のお願い(受付期間:2020年3月31日まで)

資料館の運営については、現地の非営利組織であるManipur Tourism Forumが行います。しかし、運営が軌道にのる当面の間、収蔵品の管理、施設の拡充、資料館のメンテナンスや学芸員の育成について支援が必要な状況です。当該資料館が自立的に運営するための支援として、この基金に寄せられた金額を活用させていただきます。

お問い合わせ

日本財団 国際事業部 インパール平和資料館係

  • 担当:石川
  • 電話:03-6229-5111
  • メールアドレス:cc@ps.nippon-foundation.or.jp