日本財団ジャーナル

インタビューや調査を通じて世の中の課題と解決への取り組みを伝えます。

  • ミタメトークレポート(後編)「あなたとかかわりたい」のひと言がカギ。「見た目問題」の向き合い方

    「ミタメトーク!」にゲストスピーカーとして登壇した「見た目問題」当事者の3人

    顔の変形やまひ、傷痕といった、人と違った外見を理由に差別を受けたり、結婚や就活で困難に直面する「見た目問題」。今回は、この問題の当事者であり、生きづらさを抱え人生を歩んできた3人にインタビュー。先だって中高生限定で開催されたトークイベントに登壇した際の感想を交えつつ、それぞれが思う見た目問題の本質について語っていただいた。

  • ミタメトークレポート(前編)“悪意のない共感”が人を傷つける?「見た目問題」を中高生が本気で考えた

    「見た目問題」の当事者が苦しみや気付きを中高生たちに語った

    顔の変形やあざ、まひ、傷の痕といった、人と違った外見を理由にいじめられ、就職や恋愛で困難に直面する「見た目問題」。2019年3月23日に、この見た目問題をテーマにした中高生限定のトークイベント「ミタメトーク!」が、東京・渋谷で開催された。

  • 【多様性×テクノロジー】“かけるだけ”で文字が読める眼鏡誕生のきっかけは父親(オトン)?

    視覚障害をサポートする眼鏡型機器を開発した島影圭佑さん

    障害や高齢、難病など、さまざまな理由から生きづらさを抱えている人たちの暮らしを、テクノロジーの力で良くしようと日々研究開発に努めている人たちがいる。その取り組みを紹介するのがこの連載「多様性×テクノロジー」だ。

  • あわてずにゆっくり来いと…。「ゆいごん川柳」受賞者が打ち明ける妻への思い

    第3回「ゆいごん川柳」では、夫や妻をイメージした作品が多く寄せられた

    「遺言」に関する正しい理解と、人生の最期について大切な人と話し合うきっかけをつくろうと、日本財団は1月5日を「遺言の日」と定めている。これに伴い行っているのが「ゆいごん川柳」の募集だ。第3回目となる今回も、家族への愛情が伝わるものから、思わずクスッと笑ってしまうものまで、バラエティーに富んだ作品が日本全国から届いた。応募総数1万724作品の中から見事受賞した4作品の紹介と共に、川柳に込められた思いについて、受賞者の声をお届けする。

  • What’s文楽?外国人と大学生が日本の古典芸能を体験してみた

    日本の古典芸能に縁遠そうに思える外国人と大学生が文楽を初体験

    3月9日〜12日、明治神宮の鳥居前で開催された「にっぽん文楽」。これまで、六本木ヒルズに始まり、浅草寺や伊勢神宮、熊本城(震災復興支援)などで組み立て式舞台を使って巡回で開催し、大成功を収めてきた。第7回目を迎えた今公演も、連日満席の大盛況で幕を下ろした。

  • 【教えて笹川会長!】日本財団って何をしているところ?大学生が会長に直撃!

    日本財団の笹川会長に若者3人がインタビュー

    子どもの貧困問題への取り組みや障害者の就労支援、災害復興支援、2020年のオリンピック・パラリンピックのボランティアサポートやアスリートの社会貢献プロジェクト…と、多方面において社会課題を解決するための活動を行っている日本財団。テレビCMなどでも触れる機会があるが、特に若い世代は日本財団を知らないという人も多いかもしれない。

  • 「障害は人ではなく環境にある」。18歳現役大学生が「ユニバーサルマナー検定」を体験してみた

    車いすのサポート研修を受講中の大学生・祝ともさん

    例えば、車いす利用者が段差のある歩道で立ち往生していたら、どのようにサポートするのが正しいか、そもそもどのように声を掛ければ相手にとって親切か、どれだけの人がお分かりになるだろう。

  • 若者に自殺を考えさせる多くの原因は「いじめ」、「不登校」経験も強く関連。そのとき相談する相手は誰?

    日本の若者の多くが「いじめ」や「不登校」などの学校問題に苦しんでいる

    日本に暮らす18〜22歳の若者のうち、4人に1人が自殺を本気で考えたことがあり、10人に1人が自殺未遂を経験したことがある。そして、その原因の半数が学校問題を占め、さらにその半数は「いじめ」が原因であることが日本財団の調査により判明した。

  • 【今さら聞けない、ダイバーシティって何ですか?】困った時に“借りられるお父さん”?古くて新しい家族のあり方

    新たな家族の形を提案する「お父さんバンク」創設者の2人

    さまざまな個性や生き方を尊重し、みんなで支え合う。そんな仕組みを創出している人たちから、多様性社会について考えるヒントをもらうのが、連載「今さら聞けない、ダイバーシティって何ですか?」だ。

  • チャリティーではなくチャンスを!障害者と社会成長にコミットする就労支援のカタチ

    障害者の就労支援を推し進める竹村利道さん

    障害があるために企業での就労の機会に恵まれず、福祉就労の現場にいる人たちが全国に約30万人いる。厚労省によると福祉施設で働く障害者が得る月額の工賃は約1万5,000円、時給にするとわずか200円でしかない。また年々上がる障害者雇用率の実態は、省庁の水増し雇用にも見られるように、企業にとって戦力化にはまだまだ課題の多い状況だ

  • 日本の子どもの7人に1人が貧困という事実。いま「第三の居場所」がなぜ必要なのか?

    日本財団で子どもの貧困対策に取り組む本山勝寛さん

    「貧困」とは、お金が足りないことだけを意味するわけではない。広辞苑によると2つの定義があり「貧しく生活が苦しいこと」と「乏しく欠けていること」を指す。専門的な用語では、毎日の衣食住に事欠く状態のことを「絶対的貧困」と呼び、経済的な困窮を要因とした衣食住の余裕のなさに加えて “経験や体験の機会が乏しいこと”を「相対的貧困」と言う。今回のテーマは、後者だ。

  • 「社会貢献」って言葉、カタくないですか?アスリートが考えるもっと気軽な助け合いのカタチ

    アスリートと社会をつなぐプロジェクトについて語る

    「社会貢献」という言葉を聞いて、どんな印象を受けるだろう。「意識高い人がやってそう」「ハードルが高い感じ」「何をすればよいか分からない」「私には関係ないかも」。こういったイメージを持つ人も多いのではないだろうか。そんな社会貢献に対する考え方や社会の在り方を変えるべく、競技場やコートの外で活躍しているアスリートたちがいる。

  • 情報不足や周囲の理解不足が招く、「子どもの食物アレルギー」問題とは!?

    子どもの食物アレルギーは親にとって永遠の課題

    特定の食品を食べるとアレルギー症状が現れる「食物アレルギー」を持つ子どもが増加傾向にあると言われているが、その実情はあまり知られていない。日本財団では食物アレルギーのある子どもを持つ親の実態や意識を把握するとともに、「小児食物アレルギー」における課題点をあぶり出し、どのような支援が必要とされているかを探るために、2018年8月に「小児食物アレルギー調査」を実施した。専門家の話も交えつつ、調査結果をもとに子どもの食物アレルギーにおける現状をひもといた。

  • 世界で“ハンセン病の今”を撮り続けるフォトグラファーが見た、いわれなき差別の現場

    ハンセン病の今を撮り続けるフォトグラファーの富永夏子さん

    2018年の「ガンジー平和賞」受賞者として、WHOハンセン病制圧大使を務める日本財団の笹川陽平(ささかわ・ようへい)会長が選ばれた。日本人としての受賞は初である。

    国際的に権威のあるこの賞は1995年、ガンジーの生誕125年を記念して設立されたもので、国際平和に貢献した個人や団体にインド政府から1,000万インドルピー(日本円で約1,500万円)が贈られる。今回の受賞は、40年以上にわたって笹川会長が続けてきたハンセン病制圧と、患者や回復者への差別撤廃に対する活動が評価されたものだ。

  • SOSを聞き逃していない?電車で目にするあのマークの意味とは

    みんなで支え合う意思や行動が生きやすい世の中をつくる

    エコマークや非常口マーク、数々の交通標識…。世の中はさまざまなマークであふれているが、中には命を守るための大切なマークや、社会課題を解決するための役目を担うマークもあることをご存じだろうか。近頃、目にすることが多くなった「ヘルプマーク」をはじめとする、人の命にかかわることもある4つのマークをご紹介しよう。

  • 【ソーシャル人】摂食障害を乗り越えた起業家が挑む、障害者が成功体験を得るための仕組みづくり

    VALT JAPAN代表の小野さんが目指す、新しい障害者就労の形

    「世の中」あるいは「誰か」のために役立つ仕事をしたい。そんな志を抱く若者に向けて、社会課題に対し自らの意志と力で歩み、日々向き合っている先輩たちの声を届けるのが連載企画「ソーシャル人」だ。

  • 偏見や差別を生むのは「無知」や「無関心」。声なき声を伝えるドキュメンタリー映画監督に聞く

    社会派映画監督が今、伝えたいこととは?

    2月24日、天皇陛下御在位30年の記念式典で、歌手の三浦大知さんが披露した歌「歌声の響」。この曲は、天皇皇后両陛下が1975年に沖縄の国立ハンセン病療養所・愛楽園を訪問したことをきっかけに作詞・作曲された。

  • 【アスリートの社会貢献】村田諒太が語る“ネガティブ社会”の変え方

    “ネガティブ社会”の変え方を語る村田諒太選手

    ロンドン五輪ミドル級金メダリストで元WBA世界ミドル級王者のプロボクサー、村田諒太選手。2018年10月に防衛戦で敗戦を経て12月には現役続行を表明した。プロボクサーとして走り続ける一方で、たびたび福祉施設を訪問するなど、社会活動にも心を砕く村田選手が日本の社会をどう見ているのか伺った。

  • 人生最後の社会貢献「遺贈」で子どもたちに“チャンス”を

    海外支援により教育のチャンスを得られたアジアの子どもたち

    少子高齢化が進む昨今、自分の築いてきた財産の「行き先」に悩む人が増えている。そんな中、メディアでもたびたび取り上げられ注目されているのが「遺贈(いぞう)」だ。遺贈とは、亡くなったときに遺言書で特定の個人や団体に財産を遺すことをいう。

  • 【会社づくりの参考書】多くの企業が注目。障害者が笑顔で働く原宿のおしゃれなフラワーカフェ

    みんなが働きやすい会社づくりのヒントを、企業の代表に聞く

    障害者が地域の一員として “普通”に暮らせる「共生社会」実現の理念の下、日本の民間企業には、社員数に対して一定の割合の障害者を雇用することが義務づけられている。2018年4月1日に法定雇用率が2.0%から2.2%に引き上げられ、多くの企業が目標を達成するために努力を重ねている。