無人運航船がつくる日本の未来-Future 2040-20年後の日本の変化を分析、国際セミナーで発表

日時:2019年4月18日(木)9:30~12:30(9:00 受付開始)
場所:日本財団ビル2階会議室(東京都港区赤坂1-2-2)

AIやIoT技術の進展に伴い、陸において無人自動車等の急速な開発が進む中、海においても近い将来、無人で運航する船(無人運航船)が急速に普及することが予想されます。日本財団では、多分野からなる委員会(座長:夏野剛/慶応義塾大学特別招聘教授)を設置し、世界で初めて、無人運航船がもたらす20年後の日本の経済・社会の変化の定量的・定性的な分析、無人運航船実現のための提言の整理を行いました。この度、その結果を「無人運航船がつくる日本の未来-Future 2040-」としてとりまとめ、広く一般に共有するため下記セミナーを開催し、発表します。
セミナーでは、世界初の完全自律運航フェリーの実証を行ったフィンランドのフェリー会社CEOなど、先駆的に無人化・自動化に取り組んでいる第一人者を講師及びパネリストとして招聘し、上記結果を踏まえ、今後の日本が進むべき具体的な方向性等について活発な議論を行う予定です。

無人運航船セミナー概要

日時4月18日(木)9:30~12:30(9:00受付開始)
会場日本財団ビル2階会議室(東京都港区赤坂1-2-2)
主催日本財団(後援:国土交通省)
内容「無人運航船がつくる日本の未来-Future 2040-」の発表 他
  • 笹川陽平(日本財団会長)の挨拶は9:30、結果の発表は11:30を予定しています。

参考プログラムにつきましては、下記のURLを参照ください。
外部サイト【開催のご案内】無人運航船セミナー
  • 言語は日英(同時通訳)で行います。

  • 一般の参加者数200人以上です(申し込みは締め切りました)。

お問い合わせ

日本財団 コミュニケーション部

  • 電話:03-6229-5131
  • FAX:03-6229-5130
  • メールアドレス:pr@ps.nippon-foundation.or.jp