バリアフリー基金

「True Colors Festival 超ダイバーシティ芸術祭の様子」

日本財団が実施した意識調査によると、86.8%の人が「多様性に富んだ社会の重要性を感じている」(※1)一方で、「障害者が困っているときに手助けをしなかった」と答えた人は54.3%に上りました。そのうち34.6%が「どう助けていいのか分からないから」(※2)と回答しました。

バリアフリー基金は障害や人種・性別などにかかわらず、ひとりひとりが活躍する社会の実現に向けて2022年9月に設置いたしました。本基金に寄せられた寄付金は、障害を持つ方も障壁を感じることなくダンスが楽しめるスタジオ・教室の設置や芸術祭の開催などに幅広く活用いたします。

いただいた寄付金は、間接経費をいただくことなく、100%全額、国内外の障害分野支援に活用させていただきます。

皆さまの温かなご寄付をお待ちしております。

日本財団は、誰もが自らの生き方を自分自身で模索し、切り拓く喜びを感じることができる社会の実現を目指し、活動をしてまいりました。人の痛みや苦しみを誰もが共にし、「みんなが、みんなを支える社会」の実現をめざします。

関連リンク

お問い合わせ

日本財団 寄付総合窓口

  • 電話:0120-533-236
  • 受付時間:平日 9:00〜17:00
  • メールアドレス:kifu@ps.nippon-foundation.or.jp

※お問い合わせの際は、お問い合わせの「基金名」もしくは「事業名」をお知らせください。
※携帯電話のアドレスをご利用の場合は、日本財団ドメイン「ps.nippon-foundation.or.jp」が受信可能な設定にしていただきますようお願い申し上げます。