令和元年九州北部豪雨への支援

災害復興支援
みんなのいのち
写真
8月29日九州北部豪雨災害 被災地の様子

8月28日から九州北部を中心に発生した大雨は、佐賀県を中心に多くの県で土砂災害、河川の氾濫、洪水、浸水などにより、住家被害として、床上浸水で1773件、床下浸水で3,084件の被害をもたらしました(総務省消防庁 9月9日時点)。
日本財団では特に被害が甚大であった佐賀県武雄市、大町町にて、災害専門NPO等と連携して被災地の支援ニーズに対応しております。

<被災地支援のための募金活動>

日本財団は、1995年の阪神淡路大震災以降、全国各地で発生した災害に対し支援活動を行っています。

被害状況及び支援状況により皆様からお預かりしたご寄付のすべてを活用できない場合、「災害復興支援特別基金」にてお預かりさせていただき、今後発生する災害において、速やかに被災地で支援活動を行う際の支援金として活用させていただきます。

お問い合わせ

ご寄付に関するお問い合わせ

日本財団 ドネーション事業部

  • 電話:0120-533-236

このページに関するお問い合わせ

日本財団 経営企画広報部 広報チーム

  • 電話:03-6229-5131
  • メールアドレス:cc@ps.nippon-foundation.or.jp