日本財団 子どもの生きていく力 サポートプロジェクト

みんなのいのち

日本財団は、これまで生きることの包括的な支援として「日本財団いのち支える自殺対策プロジェクト」を推進してきました。
そのなかで、日本全体の自殺者数が大幅に減少する一方で、子どもの自殺者数は高止まりし、戦後初めて10~14歳の死因として自殺が1位になるという深刻な状況であることが明らかになりました。
2019年、新たに「日本財団 子どもの生きていく力 サポートプロジェクト」を立ち上げ、子どもに焦点を絞った自殺対策に取り組んでいきます。

長野県と「子どもの自殺対策」自治体モデルの構築

2019年9月9日、日本財団と長野県は「子どもの自殺ゼロ」の実現を目指して、協定を締結いたしました。
長野県の未成年者の自殺死亡率は全国の中でも高い水準にあることから、日本財団と長野県が連携し、他自治体に先駆けて地域モデルを構築します。
日本全体においても喫緊の課題となっている「子どもの自殺対策」において、全国の自治体を牽引していきます。

自殺を考えるほどつらい気持ちを抱えている方へ

こころの健康相談統一ダイヤル

  • 電話:0570-064-556(有料)
  • 各都道府県・政令指定都市によって対応する曜日・時間が異なります。詳しくは、下記のリンクをご確認ください。

どこに相談したらいいか迷われている方へ

よりそいホットライン

  • 電話:0120-279-338(通話無料、24時間対応、年中無休)

プロジェクトに関するお問い合わせ

日本財団 公益事業部 国内事業開発チーム

  • 担当:菊地、杉山、児玉
  • 電話:03-6229-5111(日本財団コールセンター)
  • 当財団では、個人を対象とする専門家による電話相談は行っておりませんのでご了承ください。