「日本財団 HEROsアンバサダー」や賛同者ら総勢17名のアスリートが、広島に集結「平成30年7月豪雨」被災地に、スポーツの力で復興支援
小屋浦被災地、仮設住宅、学校等を訪れ、継続支援を呼びかけ

日本財団「HEROs Sportsmanship for the future」プロジェクトでは、「平成30年7月豪雨」により甚大な被害を受けた被災地域の支援を目的に、10月18日(木)10:00~16:30、「日本財団 HEROsアンバサダー」や賛同者(以下、HEROs)のアスリート17名が、広島県坂町を訪れ、視察と支援活動を行いました。

写真
広島県坂町を訪れたアスリートたち

10:30、HEROsは広島県坂町小屋浦地区を訪れ、地元の方や日本財団災害担当リーダーから、大量の土石流で罹災、死者16名、行方不明1名という甚大な被害を受けた被災状況について、説明を受けました。そして、小屋浦地区水害碑では、18日11時15分、1分間、黙とうしました。

11:40、同地区にある小屋浦小学校を訪問しました。同校は床下浸水被害、みみょう保育園については非常に大きな被害を受けたため現在は同校に間借りして保育を行っています。そして、HEROsからサインボール等を贈呈し、また遊具などすべて流出したみみょう保育園に鉄棒と平均台を贈呈しました。各界のアスリートとふれあった同校6年の角永悠貴(かくながひろたか)さんは、「テレビでしか見られない方々と会えてとてもうれしい。このような貴重な経験を大切に、しっかりと前を向いて歩んでいきたい。」と感謝の言葉を贈りました。

12:25、HEROs一行は近隣の坂中学校を訪れ、生徒らに歓喜の声で迎えられました。同校訪問の目的は、HEROsの訪問がきっかけとなって、仮設住宅の高齢者と生徒が交流を深めてもらい、ボランティア活動に関心を持ち積極的に参加してもらうことです。教室では生徒とアスリートが給食をともにしました。また、同校に隣接する広島翔洋高校の生徒も合流し、校庭や体育館でサッカー、野球、柔道、バドミントンが行われ、交流を深めました。

14:10、HEROs一行と中高生は、約100世帯が入居する平成ヶ浜中央公園仮設団地へと場所を移し、餅つき大会や、プランターへの花植えを行いました。仮設住宅の方々、HEROs、中高生、ボランティアの方が、約2時間にわたり共に時間を過ごし、触れ合うことで、たくさんの笑顔が見られました。

16:00、「日本財団 HEROsアンバサダー」の中田英寿さんは、「私たち一人一人が出来ることはそれぞれ違うけれど、困っている人にどれだけ寄り添っていけるかが大事。仲間を大切に。」と、引き続きの支援を呼びかけ、被災地に向けてエールを送りました。

同プロジェクト運営にあたる「日本財団HEROsチーム」長谷川隆治は、「被災地域の助け合い、特に中高生のボランティア活動が活性化することを願っています。被災地域には継続的な支援がまだまだ必要で、風化させないことが重要だと思います。今回の支援がその一助になってくれれば嬉しいです。」とコメントしています。

平成30年7月豪雨 復興支援活動 参加者

1.日本財団HEROsアンバサダー

東 俊介さん(ハンドボール・元日本代表主将)
池田 信太郎さん(バドミントン・元日本代表)
井上 康生さん(柔道・シドニーオリンピック金メダリスト)
上原 大祐さん(パラアイスホッケー・日本代表)
中田 英寿さん(サッカー・元日本代表)
長嶋 万記さん(ボートレーサー)

2.HEROs AWARD 2017 WINNER

鳥谷 敬さん(プロ野球・阪神タイガース所属)

3.賛同者

荒井 DAZE善正さん(プロスノーボーダー)
今村 佳太さん(B.LEAGUE・新潟アルビレックスBB)
大竹 七未さん(女子サッカー・元日本代表/東京国際大学女子サッカー部総監督)
佐藤 卓磨さん(B.LEAGUE・滋賀レイクスターズ所属)
曽田 雄志さん(サッカー・元コンサドーレ札幌)
永吉 佑也さん(B.LEAGUE・京都ハンナリーズ所属)
橋本 拓哉さん(B.LEAGUE・大阪エヴェッサ所属)
松原 良香さん(サッカー・元オリンピック日本代表選手/現FELICEサッカークラブ・スクール代表)
森下 愛梨さん(ボートレーサー)
吉田 優也さん(柔道)

「HEROs Sportsmanship for the future」(略称:「HEROs」)プロジェクトとは

海外では当たり前になっているアスリートによる社会貢献活動を、日本でも拡充させていく狙いのもと、日本財団をプラットフォームに、競技を超えたアスリートが「日本財団HEROsアンバサダー」として寄り集い、社会貢献活動とソーシャルイノベーション(社会改革)の輪を広げていくことを目的に創設されたプロジェクト(17年10月30日創設)。
詳しくは、「HEROs Sportsmanship for the future」のページをご覧ください。

お問い合わせ

日本財団 コミュニケーション部

電話
03-6229-5131
FAX
03-6229-5130
メールアドレス
pr@ps.nippon-foundation.or.jp

Youtube Nippon Foundation TV

難病の子どもの支援や被災地における災害支援、国内外におけるハンセン病の制圧活動など、日本財団の活動を映像で紹介しています。

日本財団ブログ

日本財団やグループ団体、助成先団体の活動をお届けしています。

日本財団 Facebook ページ

日本財団の日々の活動をほぼ毎日お届けしています。

日本財団 Twitter

日本財団のTwitter公式アカウントです。イベントのお知らせやマスコミ掲載情報などを発信しています。

日本財団 メルマガ

助成金受付情報、各種イベントのお知らせ等をお届けしています。

日本財団 Instagram

日本財団のInstagram公式アカウントです。職員目線の写真を日々アップしていきます。