<東京アルビニズム会議開催>アフリカで深刻な「アルビノ狩り」の人権問題を考える9カ国14名のアルビノ当事者・支援者が参加
当事者ジャズボーカリストによるコンサート、写真展も開催

日時:2018年11月9日(金) 9:00~17:30(オープニング受付 8:30~) 場所:日本財団ビル2F(東京都港区赤坂1-2-2)

日本財団はアフリカのアルビニズムの人権問題をテーマとした国際会議「東京アルビニズム会議」を2018年11月9日(金)に開催します。

アルビニズム(白皮症)はメラニン色素合成の減少や欠損が原因で生まれつき色素が薄くなる遺伝性疾患です。サハラ砂漠以南のアフリカの国々では、迷信により呪術に使用する目的でアルビニズムの人々の身体の一部が切断されたり、殺害されるなどの事例が数多く報告されており、国連やNGO等が解決に向けた取り組みを進めています。本会議は、日本財団のイニシアティブにより、国連独立専門家の協力を得てアフリカのアルビニズム問題を取り上げる日本初の会議です。タンザニア、マラウィ、モザンビーク、ナイジェリア、南アフリカ、ケニア、カナダ、スウェーデン、そして日本からアルビニズム当事者である11名と支援者、専門家を招き、アフリカで起きている世界最悪の人権侵害ともいわれる問題について議論します。

当日は、世界初のアルビニズムのモデルでジャズ・ミュージシャンのコニー・チュウによるライブ・パフォーマンス“Love is Here to Stay”、数々の受賞歴のある著名な写真家パトリシア・ウィロックによるアルビニズム写真展“White Ebony”のトーク及びレセプションも開催します。

なお、一般の方で会議への参加をご希望の場合は、申し込みサイト外部サイトからお申し込みください。(お申し込み期限:2018年11月8日(木)18:00)

「東京アルビニズム会議」概要(日英同時通訳付き)

日時 2018年11月9日(金)9:00~17:30 (オープニング受付 8:30~)
場所 日本財団ビル2F(東京都港区赤坂1-2-2)

アルビニズムのジャズ・ミュージシャンによるライブ・パフォーマンス“Love is Here to Stay”

日時 2018年11月9日(金)12:20~(受付 11:50~)
場所 日本財団ビル1F(東京都港区赤坂1-2-2)

パトリシア・ウィロック写真展“White Ebony”

開催期間 2018年11月6日(火) ~13日(火)9:00~17:00(※最終日は13:00まで)
2018年11月9日(金)18:00~20:00はウィロックによるトークとレセプションを実施(写真家出席、取材可能)
場所 日本財団ビル1F(東京都港区赤坂1-2-2)

お問い合わせ

日本財団 コミュニケーション部

担当
橋本、坂本
電話
03-6229-5131
FAX
03-6229-5130
メールアドレス
pr@ps.nippon-foundation.or.jp

Youtube Nippon Foundation TV

難病の子どもの支援や被災地における災害支援、国内外におけるハンセン病の制圧活動など、日本財団の活動を映像で紹介しています。

日本財団ブログ

日本財団やグループ団体、助成先団体の活動をお届けしています。

日本財団 Facebook ページ

日本財団の日々の活動をほぼ毎日お届けしています。

日本財団 Twitter

日本財団のTwitter公式アカウントです。イベントのお知らせやマスコミ掲載情報などを発信しています。

日本財団 メルマガ

助成金受付情報、各種イベントのお知らせ等をお届けしています。

日本財団 Instagram

日本財団のInstagram公式アカウントです。職員目線の写真を日々アップしていきます。