平成30年北海道胆振東部地震被災地支援

写真
北海道厚真町の土砂崩れ現場での行方不明者の捜索活動(提供:時事通信)

2018年9月6日に北海道胆振東部で発生した地震により被災された皆さまに、謹んでお見舞いとお悔やみを申し上げます。
日本財団は、被災された皆さまに対し、下記の支援策を緊急実施することを決定しました。民間組織ならではの機動力と柔軟性を発揮し、一刻も早く支援策を実施します。また、募金も開始し、幅広い協力を呼びかけています。

<被災地支援策>

(1)NPO・ボランティア団体への支援

(2)断水でも使用できる衛生的なトイレの設置

トイレ「ラップポン」に関するお問い合わせ専用ダイヤル:080-2831-1278
特集:簡易トイレの設置を通じた被災地支援

(3)弔慰金の支給

災害で亡くなられた方一人あたり10万円の弔慰金を支給
詳しくは、「平成30年北海道胆振東部地震 弔慰金について」をご覧ください。

<被災地支援のための募金活動>

今回の地震により、40人を超える死者、土砂崩れやライフラインの寸断など、大きな被害が出ています。
日本財団は、1995年の阪神淡路大震災以降、全国各地で発生した災害に対し合計で59回にのぼる支援活動を行っています。
みなさまのご協力をお願いいたします。

被害状況及び支援状況により皆様からお預かりしたご寄付のすべてを活用できない場合、「災害復興支援特別基金」にてお預かりさせていただき、今後発生する災害において、速やかに被災地で支援活動を行う際の支援金として活用させていただきます。

現在の寄付件数:312件 668万2,470円

(2018年9月18日 現在)

ご寄付に関するお問い合わせ

日本財団 ドネーション事業部

電話
03-6229-5171

このページに関するお問い合わせ

日本財団 コミュニケーション部

電話
03-6229-5131
メールアドレス
cc@ps.nippon-foundation.or.jp