新型コロナウイルスの感染拡大に伴うテレワークの実施

日本財団では、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、2020年3月17日(火)よりテレワークを実施しております。

各部署においては、通常通りお電話やメールでの対応を行っておりますが、一部電話が不通になることもあります。
不通の場合は、コールセンターへお問い合わせください。

なお、コールセンターも下記の通り時間を短縮して受け付けております。

  • メールアドレス:cc@ps.nippon-foundation.or.jp
  • 電話:03-6229-5111(受付時間:平日 10:00-16:00)

助成事業のご相談につきましてはこちらへお問い合わせくださいますようお願いいたします。

しばらくの間ご迷惑をおかけいたしますが、 ご理解くださいますようお願い申し上げます。

当財団では、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、職員及び関係者の安全確保を目的に、2020年2月20日(木)より、臨時的な対応措置を実施しました。


1. 時差勤務の適用について

職員の出勤に際しては、公共交通機関における混雑時の接触感染のリスクを軽減するため、4種類での時差勤務を適用しました。

2. テレワーク(在宅勤務)の適用について

  • 職員の身近に感染者が出た場合
  • 妊娠している場合
  • 子の通う学校が学級閉鎖となった場合
  • 新生児や介護を必要とする高齢者と同居している場合など

3. その他

  • 不要不急の出張や外勤は極力控える
  • 原則として10人以上が集まる会議・イベントを禁止
  • 直接の打合せが必須でない場合は、電話やWEB会議で実施
  • 手洗い・うがい、アルコール消毒、マスク着用の励行

さらに世界保健機関のパンデミック宣言を受け、2020年3月17日(火)から強化措置を実施しております。


1. 強化内容

  • 「全役職員」によるテレワーク(在宅勤務)を実施
  • 原則として「会議はWEB又は電話」にて実施
  • 原則として出張・外勤を禁止

2. その他の対応

  • 37.0℃以上の熱がある方については、財団ビルへの入館を禁止(受付にて検温)
  • 役職員は毎朝、各自体温検査を行い体調管理
  • 食堂の閉鎖

また、支援先の皆様に対しては、新型コロナウイルスに関する注意喚起を行い、手洗い、うがい、咳エチケット、アルコール消毒等など感染症対策の徹底をお願いするとともに、事業活動の自粛に伴う中止・延期等には柔軟に対応しております。

何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。