創業支援プログラム「ソーシャル・チェンジ・メーカーズ」3期参加者募集開始コロナ禍でも挑戦し続けるスタートアップを支援

募集期間:2020年7月15日(水)~8月23日(日)まで

日本財団では2019年4月よりシンガポールのアクセラレーターImpacTechとともに創業支援プログラム「日本財団ソーシャル・チェンジ・メーカーズ」を、社会課題に挑むスタートアップ向けに開催しております。約4カ月間にわたるプログラムとなっており、戦略・人事・広報・財務といった会社経営に関する講義やワークショップ、メンターとのマッチング、投資家等の前でプレゼンテーションを行う機会(デモデイ)を提供しております。これまで2期・計20社の多様なスタートアップが本プログラムに参画しました。

2020年7月15日より、本プログラム3期の参加を希望するスタートアップの募集を開始しました。「Beyond The Distance」というテーマのもと、新型コロナウイルスによって一変した社会や生活においてソーシャルイノベーションを創出する意欲のあるスタートアップを募集しております。事務局による面談等の選考を経て、最終的に10社を選抜します。

なお、3期のデモデイは一般公開を予定しております。(詳細は後日公開予定)

皆さまからのご応募をお待ちしております。

応募条件

  • 日本を拠点にしているか日本にメンバーがいるスタートアップ
  • 少なくともメンバーの1人はビジネスレベルの英語力があること
  • シードステージ、プレシードステージもしくはそれ以前の創業前後のスタートアップを優先します

プログラム開催日時

2020年9月から12月にかけて、週1回2時間程度のワークショップを含んだ講義を計14回実施予定

プログラム開催場所

オンラインまたは日本財団ビル等

応募方法

下記のGoogleフォームにご記入ください。

応募期間

2020年7月15日(水)~8月23日(日)

関連リンク

お問い合わせ

ImpacTech Japan

  • 担当:多良家
  • メールアドレス:fara@impactech.com、info@impactech.com

※双方にお送りください