【現地レポート】災害関連死の防止施策としての非常用トイレの配備

災害医療ACT研究所は日本財団と連携し、災害関連死の防止施策として非常用トイレの配備を展開しています。

このたびの令和2年7月豪雨による被害が甚大な人吉市や球磨村、多良木町等に7月6日より連携団体と現地入りし、医師や保健士などによるアセスメントを実施したうえで、緊急性の高い施設に災害用トイレの設置を行い、 7月20日時点において7箇所41台を設置しました。

写真
設置にあたる災害医療ACT研究所メンバー@人吉市
写真
人吉リハビリテーション病院の設置
写真
球磨村さくらドーム内の設置