令和元年台風19号被害への支援

災害復興支援
みんなのいのち
写真
令和元年台風19号 被災地の様子

10月12日(土)から13日(日)にかけて東海と関東、甲信越、東北地方を襲った台風19号により、各地で河川の堤防の決壊や氾濫による浸水、土砂崩れなどが多発し、非常に広範囲に甚大な被害をもたらしました。

日本財団では、被害に遭われた方々が日常を取り戻し、安心して暮らせるよう、一日も早い復旧を願いつつ、支援策を実施しています。

<被災地支援策>

<被災地支援のための募金活動>

日本財団は、1995年の阪神淡路大震災以降、全国各地で発生した災害に対し支援活動を行っています。

被害状況及び支援状況により皆様からお預かりしたご寄付のすべてを活用できない場合、「災害復興支援特別基金」にてお預かりさせていただき、今後発生する災害において、速やかに被災地で支援活動を行う際の支援金として活用させていただきます。

お問い合わせ

ご寄付に関するお問い合わせ

日本財団 ドネーション事業部

  • 電話:0120-533-236

このページに関するお問い合わせ

日本財団 経営企画広報部 広報チーム

  • 電話:03-6229-5131
  • メールアドレス:cc@ps.nippon-foundation.or.jp