日系社会と共に

世界の絆
写真:日系スカラーシップ奨学生集合写真(日系人よりも支援を受けた、ララ物資到着の地の記念碑の前で)

日系社会に寄り添い続けて50年、次世代の活躍に向けて

日本財団が1970年代に日系社会支援を開始したのには、移民政策のもと海外で苦労を乗り越え、今日の日系社会の基盤をつくった初期世代の方々に対する労いの思いがありました。現在は、初期世代の支援に加え、日系社会のさらなる発展のために、次世代の育成やネットワーク構築支援も行っています。

主な支援内容

1. 福祉/体育/文化施設の整備

中南米や北米には、移民した日本人が主体となり、互いを支え合うことを目的に設立された日本人会があります。日本財団は、これらの団体に対し、1970年代より40年近くにわたり、老人ホームや病院・体育館・文化センターなどの整備支援を行ってきました。
今日では、現地住民から信頼され、日本と現地国の架け橋となる施設として活用されています。

写真
日本人ペルー移住100周年記念病院の増設を支援(2009年、ペルー首都リマ)

2. 残留日本人支援

日本財団は、戦後、中国・サハリンやフィリピンに取り残され、肉親の詳細や自身のアイデンティティを探し続けている人たちへの日本国籍回復支援を行ってきました。例えば、2006年から2019年にかけて、フィリピン残留日本人2世を対象に、身元調査や証拠書類収集、就籍申立等の手続きや親族対面などのサポートを行い、それまで「無国籍者」として扱われていた方々計249名の日本国籍回復につながりました。

写真
フィリピン日系人会の代表より、安倍首相(当時)に早期解決を求める要望書と署名簿を提出(2015年)

3. 次世代への支援

次世代を担う若手日系人が日本に対する理解を深め、母国と日本の架け橋となる人材を育成すべく、日本留学のための奨学金を提供しています。(公財)海外日系人協会を通じて実施する「日本財団日系スカラーシップ」では、これまで19年間で、中南米やアジア諸国の11カ国139名を支援しました。卒業生は医学・教育・日本の芸術文化等の分野で多岐にわたり活躍しており、各地の日系社会ならびに各国地域社会の発展に貢献しています。

写真
奨学生は年4回の研修を通し、現代日本社会やリーダーシップを学ぶ

詳細については下記PDFをご覧ください。

関連リンク

お問い合わせ

日本財団 特定事業部 グローバル・イシューチーム

  • メールアドレス:cc@ps.nippon-foundation.or.jp