日本財団ジャーナル

社会のために何ができる?が見つかるメディア

使用済み食用油が飛行機の燃料に? CO2排出削減ができる航空燃料「SAF」の普及が地球温暖化を防ぐ一助となる

イラスト:使用済み油で飛行機が飛んている
家庭で使用した天ぷら油が飛行機の燃料になるかも?
この記事のPOINT!
  • 航空分野におけるCO2(二酸化炭素)排出量が拡大。世界的に急ピッチで対策が進められている
  • 廃食用油などを原料につくられる航空燃料「SAF(サフ)」が脱炭素の鍵として注目されている
  • 世界が掲げる「2050年に温室効果ガス排出量実質ゼロ」の実現には、国産SAFの生産・普及が不可欠

取材:日本財団ジャーナル編集部

飛行機などに使われる航空燃料は、基本的に原油を燃やして精製するため、航空需要の増加に伴い大気中のCO2(二酸化炭素)の量も増えています。

そんな中、次世代の航空燃料として注目を集めているのがSAF(サフ)です。SAFは「Sustainable Aviation Fuel(サスティナブル・アビエーション・フューエル)」の略称で、廃食用油や植物・動物油脂、廃プラスチック、未利用木質など、化石燃料以外の原料から作られる「持続可能な航空燃料」の総称。従来の航空燃料の性能を維持しながら、CO2の排出量を大幅に削減できるため、現在、廃食用油の価値が世界的に上がっており、争奪戦が起きています。

一方で、日本国内ではほとんど普及しておらず、天ぷら油など飲食店で揚げ物に使われた廃食用油は、家畜の配合飼料原料になっていたり、海外にそのまま輸出されたりしています。

そんな中、全国各地から廃食用油を引き取り、バイオディーゼル燃料(※1)(C-FUEL※2)生産を行っているのが株式会社レボインターナショナル(外部リンク)。同社では廃食用油や、その他さまざまな原料からバイオ燃料を製造する研究開発に取り組むほか、2022年に日揮ホールディングス株式会社(外部リンク)コスモ石油株式会社(外部リンク)と3社で合同会社SAFFAIRE SKY ENERGY(サファイアスカイエナジー)を立ち上げ、国内初の国産SAF大規模生産の実現に向け、プラント(生産設備)建設を行っております。

  • 1.バイオ(バイオマス)燃料とは動植物などの生物から作り出されるエネルギー資源のうち、石油などの化石燃料を除いたもののこと。ディーゼルは船舶・航空機・車両などに広く使われるエンジン
  • 2.レボインターナショナルの技術を使用し製造した、廃食用油が原料のバイオディーゼル燃料。レボインターナショナルの登録商標

今記事では、レボインターナショナルの炭素源循環推進部に所属する立田真介(たつた・しんすけ)さんに、改めて同社の取り組みや、SAFが切り開く可能性についてお話を伺いました。

レボインターナショナルの公式サイトトップページ。画像提供:株式会社レボインターナショナル

コロナ禍を経て、航空分野におけるCO2の排出量が増加傾向に

――まずはレボインターナショナルの設立背景や、事業内容について教えてください。

立田さん(以下、敬称略):会社設立は1999年ですが、それ以前からボランティア団体として発足し、河川の空き缶回収などを行う活動を行っておりました。

代表を務める越川哲也(こしかわ・てつや)は当時、廃食用油からバイオディーゼル燃料を作る技術を、京都大学の名誉教授であった故・清水剛夫(しみず・たけお)より学び、自身でも研究開発に取り組んでいました。

この技術を本格的に事業展開するにあたって会社を立ち上げ、当初は軽トラック1台で京都の飲食店さんを巡ってお声がけをしては、廃食用油を引き取っていたそうです。

それまで、廃食用油は1缶につき500~1,000円の産業廃棄物処理費を払い、業者に引き取ってもらうのが一般的でしたが、レボインターナショナルでは量にかかわらず1回5円で買い取る形をとることで、飲食店さまには非常に喜んでいただきました。

こうした動きが広がって、安定的に原料である廃食用油を引き取る仕組みを構築すると同時に、技術開発も続け、高品質なバイオディーゼル燃料「C-FUEL(シーフューエル)」を製造すると共に、新たな原料や技術を用いて、SAFやHVO(※)などの製造・研究開発に取り組んでいます。

  • 水素化植物油。植物油と動物性脂肪から製造されたバイオ燃料

――国土交通省(外部リンク)によると、日本のCO2総排出量(2022年度)のうち、運輸部門からの排出が18.5パーセントを占め、国内航空のみだと5.1パーセントとのことでした。航空は環境負荷が高い交通手段であるといわれていますが、これは増加傾向にあるのでしょうか?

立田:そうですね。コロナ禍以前の2019年の航空利用者は45億人でしたが、2024年は47億人に上るという見通しがあり、今後もますます増えると考えられます。また、国際航空分野におけるCO2排出量は世界全体の約1.8パーセントを占めるといわれていて、世界的にもSAFの導入が進んでいます。

――そもそも「SAF」とはどんな燃料なのでしょうか?

立田:SAFとは石油、石炭、天然ガスといった化石燃料以外の素材から作られる航空燃料の総称で、大きな特徴は従来の燃料に比べて約80パーセントのCO2が削減できること、そして従来の燃料と変わらぬ性能で使用できるため、既存のインフラをそのまま使用できるという点にあります。

国連の専門機関である国際民間航空機関(ICAO)では、2050年までに航空分野における温室効果ガス排出量を実質ゼロにすることを掲げ、加盟国ではさまざまな取り組みが行われています。日本においては2030年までに国内の航空燃料使用量のうち、10パーセントをSAFにすることを目標に掲げています。

1リットルの廃食用油からできるSAFは約800ミリリットルで、残りの200ミリリットルは軽油やナフサ(※)などの燃料になります(サファイアスカイエナジーの堺プラントの場合)。

SAFの原料としては廃食用油以外にも、アルコール、海藻類、都市ゴミなども原料になり得るのですが、コスト採算性や燃料製造時のエネルギー投入量を考えた場合、やはり固形物より液体の方が良く、廃食用油が最良の原料であると考えられています。

イメージ画像:給油中の飛行機
廃食油を高圧下で水素化分解・還元処理をすることで、SAFになるという

国産SAFの製造・普及に向けて、国内初の大規模生産プラントを建設中

――国内では2030年までに10パーセントをSAFに置き換える目標を掲げているとのことですが、現状ではどれくらい普及しているのでしょうか?

立田:残念ながら、国産SAF利用という部分ではほぼ0パーセントです。一部ではテスト的にSAFを導入している企業もありますが、多くは海外から輸入したものです。

――なぜ日本では普及が進んでいないのでしょうか?

立田:そもそも国内にはSAFを大規模に生産できる施設がないということに加えて、安定した量の廃食用油を確保することの難しさがあります。

国内全体で年間約250万トンの食用油が流通していて、その内、再利用可能な廃食用油は約38万トンといわれているのですが、約半数は鶏や豚の飼料に再利用されています。ただし、廃食用油を飼料として使用することは、食の安全性の観点から欧米諸国では全面的に使用禁止されており、こうしたことの周知や、廃食用油をSAF原料として供給する意義を高める必要性を感じています。

最も大きな問題は、廃食用油の3割以上が国外に輸出されているという点です。このままですと、海外に輸出した廃食用油で作ったSAFを、日本の航空会社が高いお金を支払って輸入するというねじれ現象が起きてしまいます。さらに言えば、その輸出入の際には大量のCO2も排出することになるでしょう。

こうした状況下のもと、日揮ホールディングス、コスモ石油と3社合同でSAFFAIRE SKY ENERGYを立ち上げました。現在、コスモ石油堺製油所内に日本初の大規模な国産SAF生産プラントを建設中で、2025年の運転開始を目指しています。

一方、弊社では、現在愛知県田原市にC-FUELやSAF、HVOを生産できる設備を建設しており、2025年初頭には竣工する予定です。

建設中のSAF生産プラント
コスモ石油堺製油所内に建設中のSAF生産プラントは2025年から稼働予定。画像提供:株式会社レボインターナショナル

――現在、レボインターナショナルではどんな場所から廃食用油の引き取りをされているのでしょうか?

立田:スシローさまや鳥貴族さまといった皆さんもよく知っているような大手外食チェーンから、個人経営の小さなお店まで、約2万9,000店舗に上ります。店舗ごとに廃食用油が発生する量や保管スペースなどに合わせて、スタッフが1軒ずつ引き取りを行っています。

家庭で発生する廃食用油や、廃食用油以外の原料からもSAFを生産

――一般家庭で料理に使った後の油は活用できないのでしょうか?

立田:もちろん、ご家庭で発生した廃食用油も、SAFやC-FUELなどバイオディーゼル燃料の原料になります。しかし、現状としてはほとんどが凝固剤などを使って燃えるごみとして処分されているため、地域に回収ステーションを設置するなど、行政機関や自治体と連携しながら取り組んでいるところです。ゆくゆくは、コンビニなど身近な場所に回収ボックスを設置できたら理想ですね。

――SAFの普及を進める上で、最も大きな課題とはなんでしょうか?

立田:繰り返しになりますが、廃食用油の安定的な確保です。現在飼料に再利用されている分や、輸出されている廃食用油、家庭で発生する廃食用油など全て合わせても、国内で必要なSAFをまかなうには到底足りません。

そのため、2008年よりベトナムの耕作放棄地において、非食用の原料植物を栽培し、SAFやバイオディーゼル燃料などの原料としての活用できるよう取り組んでおります。また、廃プラスチックや木くずなどの廃食用油以外の廃棄物からSAFやHVOを作る技術開発にも成功しております。

――SAFの日本国内での生産や普及が進み、脱炭素社会の実現に向けて、私たち一人一人ができることはありますか?

立田:一人でも多くの方にSAFやC-FUELなどのバイオディーゼル燃料、資源循環の重要性について理解を深め、当社の取り組みにご理解とご賛同いただければと思います。

賛同してくださる企業や自治体、団体の方にはぜひプロジェクトに参加していただけたらと思いますし、個人の皆さんにも「私たちのまちにも廃食用油の回収場所をつくってほしい」と声を上げていただけたら嬉しいです。

小さな1歩かもしれませんが、SAFに興味を持ち、ファンになってくださる方が増えることが、国内での普及につながり、さらにはCO2を主な原因とする地球温暖化を抑制することにもつながるのではないでしょうか。

エビフライやカトラリーを飛行機に見立てた「Fry to Fly Project」のキービジュアル。「天ぷら油で空を飛ぶ」をキーワードにさまざまPRイベントを展開する。画像提供:Fry to Fly Project

編集後記

一部の自治体や店舗では、すでに廃食用油の回収が行われていますが、ほとんどの自治体では、依然ごみとして焼却処分されてしまっております。

東京都では2050年までに世界のCO2排出実質ゼロに貢献する「ゼロエミッション東京」の実現を目指して、SAFの原料となる廃食用油の回収キャンペーン「東京 油で空飛ぶ 大作戦 Tokyo Fry to Fly Project」なども展開していくことを発表しました。

最後に立田さんは「声を上げてほしい」と言っていましたが、多くの自治体はウェブサイトにお問い合わせ窓口(お問い合わせフォーム)を設置していて、誰でも気軽に「個人の意見」を伝えることができます。

まずは自分の住んでいるまちや地域から、持続可能な社会を目指していきましょう。

公式サイト 株式会社レボインターナショナル(外部リンク)

  • 掲載情報は記事作成当時のものとなります。
関連タグ
SNSシェア