withコロナ時代へ、
新しい生活様式を創造する
社会貢献活動を大規模支援 NPO等を対象に本日募集を開始

申請受付期間:2020年7月7日(火)~8月7日(金)

日本財団は、「withコロナ時代」において新しい社会貢献活動の形を模索すると共に、これら活動を支援するため「新型コロナウイルス感染症に伴う社会活動支援事業」の募集を開始しました。本事業は、2020年7月7日~8月7日までの期間において、日本財団公式ウェブサイトで申請の受付を行います。

新型コロナウイルス感染症の拡大は、学校の休校、商業施設やイベントの自粛など国民生活に大きな影響を及ぼしました。また、オンライン授業や在宅勤務の導入など、これまでの生活様式が変わる兆しも見え始めており、ウイルスと共に生きようという「withコロナ時代」を模索する動きに変わりつつあります。
そこで日本財団は、「withコロナ時代」における変革の兆しに着目し、その動きを後押しすることを目的に、NPO法人等を対象とする「新型コロナウイルス感染症に伴う社会活動支援事業」の募集を開始しました。本事業においては、ウイルスとの戦いに伴って変化する社会課題の解決、あるいは社会価値の創造を通して既存の社会システム、仕組み、構造、制度を変えようと取り組む活動を対象とします。募集の概要は以下のとおりです。

募集概要

1. 対象団体

特定非営利活動法人、一般社団法人、一般財団法人、公益社団法人、公益財団法人、社会福祉法人

2. 申請受付期間

2020年7月7日(火)~8月7日(金)

3. 対象となる事業

「社会を変える活動支援」

  • withコロナ時代において、社会課題の解決や社会価値の創造を通して、他のモデルとなるような社会を変える事業
  • これまでの発想や方法ではなく、社会の仕組みや構造、制度を変えるモデルとなる事業

4. 対象分野

子ども、障害者、高齢者、災害

. 事業期間

助成決定日(2020年10月中旬)以降~2022年3月31日まで

6. 審査の視点

以下の視点に基づき総合的に審査します。

  • 取り組む課題が明確であり、事業の目標が目的に沿って設定されている
  • 多様な関係者を巻き込み、旧来の仕組みを変える取り組みである
  • 成果の測定指標を設定し、事業の継続、発展させる具体的な計画がある
  • 先駆的な取り組み、またはユニークな手法により他のモデルとなり得る

. その他

申請方法等詳細については、日本財団公式ウェブサイト(申請ガイド)をご覧ください。

関連リンク

お問い合わせ

リリースに関するお問い合わせ

日本財団 経営企画広報部 広報チーム

  • 担当:北川
  • FAX: 03-6229-5130
  • 電話: 03-6229-5131
  • メールアドレス:pr@ps.nippon-foundation.or.jp

募集についてのお問い合わせ

日本財団 公益事業部

  • メールアドレス:covid19nfkoueki2020@ps.nippon-foundation.or.jp