障害とビジネスフォーラム -ESG投資と障害者インクルーシブな企業の価値- の開催について

日時:2021年8月20日(金)14:00~17:00
場所:大手町サンケイプラザ(大手町駅直結/東京都千代田区大手町1丁目7-2)及びオンライン(YouTube同時配信)
障害とビジネスフォーラム メインビジュアル。画像中央に登壇者の写真と説明。左より、キャロライン・ケイシー氏(The Valuable 500創設者)、ポール・ポルマン氏(The Valuable 500会長)、平井一夫氏(ソニーグループ株式会社シニアアドバイザー)、藤野英人氏(レオス・キャピタルワークス株式会社 代表取締役会長兼社長・最高投資責任者)、垣内俊哉氏(株式会社ミライロ代表取締役社長)。画像下側にフォーラムタイトル「障害とビジネスフォーラム ESG投資と障害者インクルーシブな企業の価値」の文字

日本財団は、ビジネスにおける障害者インクルージョン推進の取り組みの一環として、「障害とビジネス」をテーマにしたフォーラムを開催します。本フォーラムは、2019年のダボス会議で発足した、世界的規模のネットワーク組織The Valuable 500(V500)との共催イベントです。現在、ビジネスにおける障害者インクルージョンは、グローバルなビジネスリーダーにとって重要な議題となっています。ESGやSDGsなど企業の社会的責任が問われる中、人権の尊重やD&Iの促進は企業の持続的な成長に不可欠な要素となってきています。
このフォーラムでは、民間企業の経営層を主な対象に、障害者雇用や障害のある顧客に対する市場の拡大など、ビジネスに障害の視点を取り込むことが企業価値の向上に繋がることについて、国内外のビジネスリーダーや投資家、V500加盟日本企業とともに議論を行います。V500創設者のキャロライン・ケイシー氏、現会長のポール・ポルマン氏ら計8団体9名を招聘し、障害者インクルージョンが企業にもたらす価値や利益を考える上でヒントとなる要素が詰まった基調講演やトークセッションなど、5つのプログラムを提供します。
障害者を雇用し、彼らに組織の一員として個々の能力を発揮してもらうことは、障害のある社員と雇用する企業双方にとってメリットがあると考えられます。また、障害者の視点をビジネスに取り入れることで、職場環境や製造するプロダクト、サービスへのイノベーションに繋がり、さらには市場の拡大にも繋がります。こうした障害者インクルージョンの取り組みは、国際的な潮流であるESG投資の観点から見て、企業としての価値を高めることに繋がっていくとされています。ぜひご参加ください。

開催日時

2021年8月20日(金)14時〜17時(開場:13時半)

開催場所

大手町サンケイプラザ(大手町駅直結/東京都千代田区大手町1丁目7-2)及びオンライン(YouTube同時配信)

  • 新型コロナウイルス感染症拡大の状況によって、会場参加を直前に中止する場合がございます。ご了承ください。

主催

日本財団

共催

The Valuable 500

メディアパートナー

朝日新聞社

主な対象

民間企業経営層、企業等で経営戦略・D&I推進・人事を担当されている管理職の方、ビジネスにおける障害者のインクルージョンに関心のある方(会場定員:200名)

申し込み方法

専用フォームからお申し込みください。

  • YouTubeで同時配信を行います。視聴ご希望の方には、個別にURL等をご案内いたします。

申し込み期間

2021年8月20日(金)まで(会場参加申し込みは先着順とします)

参加費

無料

プログラム

14:00~ 開会挨拶
笹川陽平(日本財団会長)
14:10~ 障害とビジネスを取り巻く国際的潮流に関する基調対談(オンライン登壇)
キャロライン・ケイシー氏(The Valuable 500創設者)
ポール・ポルマン氏(The Valuable 500会長・元ユニリーバCEO)
14:40~ 日本のビジネスリーダーが障害者インクルージョンに取り組む必要性・意義に関する基調講演(オンライン登壇)
平井一夫氏(ソニーグループ株式会社シニアアドバイザー)
14:55~ 障害者インクルージョンが企業にもたらす価値に関する対談セッション
藤野英人氏(レオス・キャピタルワークス株式会社 代表取締役会長兼社長・最高投資責任者)
垣内俊哉氏(株式会社ミライロ代表取締役社長)
15:35~ 休憩
15:50~ 日本企業の取り組み事例ご紹介 2社 各10分
(障害のある社員が職場で活躍するための工夫、障害者雇用が組織にもたらすメリット等)

松村 香氏(株式会社ファーストリテイリング社長室ダイバーシティ推進チーム 兼 人事部部長)
荒 博則氏(昭和電工株式会社 人事部 ダイバーシティグループ グループリーダー)
16:10~ トークセッション
(各社活動紹介、日本企業の障害とビジネス分野での課題と可能性、日本企業へのメッセージ等)

モデレーター:樺沢一朗(日本財団常務理事)
スピーカー:望月 賢一氏(ソニーピープルソリューションズ株式会社代表取締役)・大内智重子氏(株式会社電通執行役員)
コメンテーター:キャロライン・ケイシー氏(The Valuable 500創設者) ※オンライン登壇
16:40~ 質疑応答
16:55~ 閉会挨拶
樺沢一朗(日本財団常務理事)
  • キャロライン・ケイシー氏および平井一夫氏はオンライン登壇となります。ポール・ポルマン氏参加セッションについては、録画済動画の放映となります。

その他

  • 日英同時通訳
  • アクセシビリティ:車いす使用者席、日本手話、文字通訳(日本語)
  • 後日アーカイブ動画の配信を行います。
  • テレビ、新聞等、メディアの取材が入る可能性がございます。